「中古価格高騰」の原因はメーカーにあり? ホンダS660が急きょ追加生産を決めた「笑えない事情」とは (1/2ページ)

「中古価格高騰」の原因はメーカーにあり? ホンダS660が急きょ追加生産を決めた「笑えない事情」とは

この記事をまとめると

  • ホンダS660が生産終了を発表し注文が殺到
  • 商談中でもオーダーストップになり購入できない人が続出
  • 追加生産を発表し現場なども混乱気味に

生産終了の一報に注文が殺到し即オーダーストップ

 ホンダS660は2022年3月に生産を終える。この告知を2021年3月に行ったところ、同月末には2022年3月までの生産枠が埋まり、受注も終了した。S660は生産規模が小さいからだ。

 これにはユーザーから不満の声が上がった。2021年3月の時点で「1年後の2022年3月に生産終了の予定」と聞けば、大半のユーザーは「半年以内に契約すれば購入できる」と考える。それが1カ月を経ないで受注を終えたから、不満が生じて当然だ。

程度のいい中古車は新車価格を上まわる値がつけられた

 多くのユーザーが購入を諦め、中古車はプレミアム価格で高騰した。受注終了時点の新車価格は、αが232万1000円だったが、走行距離の短い中古車は300万円を超える価格で販売されている。モデューロXは新車価格が304万2600円で、中古車価格は400万円を上まわる。比率に換算すれば、上質なS660の中古車は新車価格の1.3倍だ。

S660モデューロX

 このような状態に陥ってから半年以上を経過した2021年11月に、S660は台数限定で追加発売を行った。なぜ今ごろ、追加発売なのか。販売店に尋ねると以下のように返答された。

最終モデルに用意されていたグリーンのS660

「S660の受注終了は、ホンダの一方的なものだった。2021年3月に生産終了を発表すると、お客さまから問い合わせが相次ぎ、販売店も商談に入った。ところが3月末ごろには来年までの生産枠が埋まり、やむを得ず商談を中止するケースも生じた。お客さまが怒るのは当たり前で、650台を追加発売することになった。この内の600台は販売店で受け付けられ、大半が商談を途中で中止されたお客さまに売られる。残りの50台はウェブサイトで受け付けて、抽選により購入できるお客さまを決める」。抽選の申し込みは2021年11月12日から12月5日までで、抽選結果は12月15日に発表される。

長期納車待ちでも期限付き受注生産にするべきだったのでは

 つまり今回の追加発売は、3月時点でS660の購入が破談になったユーザーへの救済策だ。2021年11月の時点で新たに購入を考えたユーザーは、50台の抽選で購入する権利を得られるという。極めて中途半端なやり方だ。2021年3月に生産終了を発表した時点で、例えば5月末日といった期限を決めて、受注を行うべきだった。期限までに契約したユーザーには、漏れなく生産して納車する。

S660の走行シーン2台

 そうなればユーザーも納得して購入できて、プレミアム価格が高騰する市場の混乱も避けられた。ユーザーが欲しいクルマを購入できない、あるいは購入できるユーザーを抽選で選別するようなクルマが時々登場するが、漏れたユーザーの顧客満足度はドン底まで下がる。今回の追加発売も期限を決めて受注を行い、契約したユーザーには抽選しないで販売すべきだった。

画像ギャラリー