今、追い風に乗る「電気自動車」! 大盛況だったEVフェスティバルで「見えてきたもの」とは (1/2ページ)

noteで書く
今、追い風に乗る「電気自動車」! 大盛況だったEVフェスティバルで「見えてきたもの」とは

この記事をまとめると

  • 第27回 日本EVフェスティバルが開催された
  • EVの過去を踏まえて、現在と未来を熱く語り体感するイベント
  • 自動車メーカーの注目されているEV試乗も盛況だった

どうなるEV時代?  EVフェスティバルに見えたもの

 日本EVフェスティバルは一般社団法人 日本EVクラブが主催、環境省、国土交通省、東京都が後援するイベントだ。日本EVクラブは自動車評論家の舘内 端(たてうち・ただし)氏が代表を務める団体で、1994年に市民団体として設立し、現在は一般社団法人となっている。2021年11月20日、東京都江東区青海にある東京国際交流館 プラザ平成にて、第27回 日本EVフェスティバルが開催された。そこで見えてきたものをお伝えする。EVフェスティバル展示車両

予想外のEV進化の半世紀

 日本EVフェスティバルはクラブ設立の翌年、市販EVがここまで普及することを多くの人が予想しなかった1995年に第1回を開催。5台の改造EVと6台のERK(電動レーシングカート)が参加した。

 現在は都内の臨海地区で、毎年11月に開催されている。2021年は「つながろう みんなでCO2削減」を合い言葉に開催。最新EV & PHV試乗会、メーカー展示、パネル展示、ミニトークショー、手作りEV展示、EVシンポジウムなどのメニューが行われた。午前10時〜午後4時までの538人が来場し、その数は年々増加傾向にある。EVフェスティバルの試乗EV

 筆者は最新EV & PHV試乗会のインストラクターとしても参加したので、その模様を少し報告する。用意された試乗車はアウディRS e-tron、HW エレクトロ エレモ、プジョーe-208 GT(午前)& DS3 クロスバック(午後)、日産リーフe+、ホンダe、三菱エクリプス クロスPHEV、メルセデス・ベンツEQAの8車種というラインアップ。

HW エレクトロ エレモとは何か

 最新EV & PHV試乗会は運転免許証を提示のうえ、当日受付で行われる形式でメルセデス・ベンツEQA以外の車種はすべて参加者が運転することが可能。インストラクターは助手席に乗って安全管理とともに、車種の説明と操作方法、EVならではの運転方法などを説明した。EQAはインストラクターの運転による同乗試乗であった。HW エレクトロ エレモ

 筆者が担当したのは三菱エクリプス クロスPHEV、ホンダe、HW エレクトロ エレモの3車種。参加者はそれぞれに強い興味を抱いて試乗を行っていて、筆者が答えられないようなコアな質問も多く寄せられた。とくに注目度が高かったのはHW エレクトロ エレモ。狭い地区でのデリバリーなどを念頭に置いたトラック型のEVで、なかなか見かけることが少ないモデルであることも手伝って、大人気であった。試乗枠は午前、午後合わせて全部で98枠存在したが、すべてが埋まって希望する車種に乗れない人が出るほどの盛況ぶりであった。

noteで書く

画像ギャラリー