カーメイトから前後の車両ナンバーをクリアに記録できる「ダクション 360D」ドライブレコーダーが新発売 (1/2ページ)

カーメイトから前後の車両ナンバーをクリアに記録できる「ダクション 360D」ドライブレコーダーが新発売

この記事をまとめると

  • カーメイトから360度ドライブレコーダーの最新モデルが登場
  • 前方カメラに加えて課題だった後方カメラの高解像度記録も実現
  • 前後はもちろんアラウンドビューで360度全方位を監視

 

後方録画の課題をクリア! 全方向で安心できる360度モデル

 2017年2月に360度モデルのドライブレコーダーとして1stモデルとなる『ダクション 360(DC3000)』を発売し、その後1stモデルのファームウェアアップデートで画質改善を行い、2018年11月には2ndモデル『ダクション 360 S』をリリース。360度モデルのパイオニア的存在となったのがカーメイトだ。ダクション 360(DC3000)全方位

 しかしながら、2ndモデルでは前方の高解像度録画と360度録画を同時に行うモデルとしながらも、後方録画では課題を残していた。満を持して、進化を遂げた360度ドライブレコーダー『ダクション360』シリーズの第3弾モデル『ダクション 360 D(DC4000R)』が新たに発売された。

これからのドライブレコーダーはARFが新常識

 このモデルは、3つのカメラを搭載した業界初(※カーメイト調べ、2021年11月時点)の新構造により、360度録画での周囲&車内記録と前後の高解像度録画を実現。フロントカメラで10m前後離れた位置のナンバープレートをクリアに記録できるように進化した。ダクション 360(DC3000)ナンバープレート記録

 実際、万一の事故や煽り運転などで証拠映像を残すためには、全方位からのモニタリングは欠かすことができない。『ダクション 360 D』では、赤外線LED付き全天周カメラで夜間車内の認識性が向上する。加えて、夜間録画や純正プライバシーガラス、スモークフィルム(透過率5%)にも対応するソニー製STARVIS(イメージセンサー)採用のリヤカメラによって、夜間であっても車両後方の映像をしっかり記録することができる。

 また、フロントカメラにも画角を狭めて前方視認性を高め、低照度のノイズ表現に強いオンセミCMOSイメージセンサーを搭載。これにより白とび黒つぶれを防ぐことで映像全体の視認性を向上させ、F値1.5の明るいレンズにより暗所での録画性能を向上させている。ダクション 360(DC3000)全方位

 これにより「A」=Around(360度)、「R」=Rear(後方)、「F」=Front(前方)の全方位で鮮明な映像を記録することができ、それぞれの頭文字で作った「ARF」がこれからのドライブレコーダーの新常識になる。ダクション 360(DC3000)ARF

画像ギャラリー