茂木健一郎さんが審査委員長! 第19回「子どもアイディアコンテスト」最終審査会が12月11日にオンラインで開催

茂木健一郎さんが審査委員長! 第19回「子どもアイディアコンテスト」最終審査会が12月11日にオンラインで開催

2021年は過去最多の応募総数に!

 本田技研工業は、毎年小学生を対象に「未来にあったらいいな」と思うアイディアを形にして発表してもらう、「子どもアイディアコンテスト」の最終審査会を12月11日(土)に開催する。昨年同様、今年もオンラインでの審査会となる。

【関連記事】軽自動車からフィアット「500」に乗り換えた女子オーナー。購入のキメ手は限定カラーでした

2021年の子どもアイディアコンテストのイベントバナー画像はこちら

 子どもアイディアコンテストは、今年で19回目を迎える人気イベント。全国から毎年画期的なアイディアを形にした作品が寄せられ、毎回大人も驚くほどの力作が披露される。考えたアイディアをイラストにして応募し、一次審査を突破した作品が、最終審査会に進むことができる。今年は過去最多となる1.1万件を超える作品の応募があったという。

あの茂木健一郎さんが審査委員長

 審査員を務めるのは、脳科学者の茂木健一郎さん、カーライフジャーナリストのまるも亜希子さん、日本科学未来館・科学コミュニケーターの太田 努さんをはじめとした5名だ。

【関連記事】軽自動車からフィアット「500」に乗り換えた女子オーナー。購入のキメ手は限定カラーでした

茂木健一郎さんとまるも亜希子さん画像はこちら

 最終審査会は、イラストで応募した作品を立体化し、審査員にプレゼンしながら魅力をアピールする。わずか2分間という短い時間ながら、毎回小学生とは思えないほどしっかりとしたプレゼンが行われ、審査員から驚きの声が上がる。プレゼンだけでなく、手作りした作品も見事。創意工夫して仕上げた力作だけに、日本全国のみならず世界に発信できるのは、子どもたちもいい経験になること間違いなしだ。

子どもアイディアコンテストの会場イメージ画像はこちら

 今年も低学年の部、高学年の部の2部門に分けて審査。それぞれ10組ずつ、合計20作品が今年も最優秀賞を目指してプレゼンすることになる。特設サイトでは、最終審査会に進む20作品のイラストが公開されているのだが、これだけでも見応え十分! これがどのように立体化され、どのように魅力をプレゼンするのか、とても楽しみである。

今年の最優秀賞はどの作品に?

 最優秀賞(低学年と高学年で各1組)のほか、優秀賞は4組(低学年と高学年で各2組ずつ)、審査員特別賞は3組が選出される。はたして今年はどの作品が最優秀賞に輝くのか? 今年も昨年同様、YouTube上でのオンライン発表となるので、現地にて実際の作品を見ることができないのが残念。ぜひともライブ配信で、リアルに最終審査会へ参加している気分で力作とプレゼンを見届けてほしい。

※写真はすべて過去に開催された際の模様です

【第19回子どもアイディアコンテスト 開催概要】
開催日:12月11日(土)
プログラム
12:45~YouTubeライブ配信開始
13:00~開会
13:10~「低学年の部」発表
14:00~「高学年の部」発表
15:30~表彰式 審査結果発表
16:00~閉会
※上記時間はあくまで予定ですので、時間が前後する可能性がございます。

YouTubeライブ配信URL
https://www.youtube.com/watch?v=yXV96qjvaxA

第19回子どもアイディアコンテスト・ホームページ
https://www.honda.co.jp/philanthropy/ideacontest/final/2021/index.html