【速報】2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤーは日産ノートに決定!

【速報】2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤーは日産ノートに決定!

この記事をまとめると

  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2021-2022が決定
  • インポート・カー・オブ・ザ・イヤーはVWゴルフが受賞
  • そのほかの特別賞も紹介

日本カー・オブ・ザ・イヤーとは

 日本カー・オブ・ザ・イヤーは、1980年に日本のモータリゼーションの発展および最新モデルと技術の周知を目的として創設された。前年11月1日から当年10月31日までに発表されたクルマのなかから、モータージャーナリストなど60名の選考委員による投票で選ばれる。

その選考方法は?

 選出の仕方は、60名の各選考委員が最終選考に進む10車種を選考。投票数上位10台を最終選考の候補車(10ベストカー)として選出する。

 最終選考では、各選考委員が持ち点である25点を10台のうち5台に配点。その際1台には10点を必ず入れなければならず、残りの15点を、9点を上限に4台に入れるというもの。そしてもっとも獲得点数の多いクルマがその年の日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝くのだ。日本カー・オブ・ザ・イヤー

【インポート・カー・オブ・ザ・イヤー】

フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフ ヴァリアント

 カー・オブ・ザ・イヤーが国産車だった場合、輸入車でもっとも点数の多かったクルマにはインポート・カー・オブ・ザ・イヤーが与えられる。2021-2022はフォルクスワーゲン・ゴルフとなった。日本カー・オブ・ザ・イヤー また、全ノミネート車から選出される以下の特別賞も発表されたので紹介したい。選考委員は部門ごとに10点の持ち点を最大3車までに配点することが可能で、また部門ごとに投票辞退も可能。同点の場合は高得点が多い方とする。

【デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー】

BMW4シリーズ(クーペ/カブリオレ/グラン クーペ/M4クーペ)

 秀でた内外装デザインを持つクルマが選ばれる賞で、BMW4シリーズ(クーペ/カブリオレ/グラン クーペ/M4クーペ)が選ばれた。

日本カー・オブ・ザ・イヤー

【テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー】

三菱アウトランダー

 革新的な環境・安全その他技術を備えたクルマが選ばれる賞で、三菱アウトランダーが受賞した。日本カー・オブ・ザ・イヤー

【パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー】

シボレー・コルベット

 感動的なドライブフィールを味わえるクルマに与えられる賞で、シボレー・コルベットが受賞した。

日本カー・オブ・ザ・イヤー

【K CAR オブ・ザ・イヤー】

ホンダN-ONE

 軽自動車のみが対象となり、総合的に優れた軽自動車に与えられる賞で、今回はホンダN-ONEが受賞した。

日本カー・オブ・ザ・イヤー

画像ギャラリー