これ、本当にスズキの軽なの? もはや「実物大ラジコン」にしか見えない「シャコアゲ」ツイン! (1/2ページ)

これ、本当にスズキの軽なの? もはや「実物大ラジコン」にしか見えない「シャコアゲ」ツイン!

この記事をまとめると

  • スズキ・ツインをRCカー風にカスタマイズ
  • デザート仕様の「バハバグ」テイスト
  • センスとアイディアが詰まった一台

前代未聞の「ビックリドッキリメカ」風ツイン

 完成したツインは今までにないデザートレース仕様へと進化。「改造車やカスタムでネット検索すると、大抵のツインはライトカスタム。すごくイジっていても他車種用のターボチューンくらいなんです。ツインってよく見ると異常に短いサイズ感。高さをちょっと与えると、全長:全高:全幅が1:1:1のサイコロみたいになるなって思ったんです(笑)」スズキ・ツインの外観 そのサイズ感に気づくと、ピンとくるのが30代以上であれば誰でも知ってるあのアニメ。「ヤッターマンのビックリドッキリメカみたいだねって。カスタム次第でコミカル感がすごく出ますよね」

 方向性は導き出した。あとはいかにサイズ感とおもちゃ感を融合させるか。参考にしたのが、またまた世代的にドンズバなタミヤのラジコンだ。それに寄せるためにボディやフェンダーアーチ、インナーなども大幅に加工。スズキ・ツインの外観

 ストラットやドライブシャフトも他メーカー&他車種を流用するなど、簡単にはいかないものを結果だけ見ると難なく入れる。伊藤さんならではのセンスとアイデアをふんだんに感じさせるツインが完成した。

画像ギャラリー