「TE27レビン&トレノ」「サメブル」「S30フェアレディZ」!  旧車天国「昭和レトロカー万博」で出会ったオールドタイマーが羨ましすぎる (1/2ページ)

「TE27レビン&トレノ」「サメブル」「S30フェアレディZ」!  旧車天国「昭和レトロカー万博」で出会ったオールドタイマーが羨ましすぎる

「昭和レトロカー万博」で見つけた人気急上昇中の’70s国産旧車をリポート

 今年で3回目となる「昭和レトロカー万博」が、11月21日(日)大阪・舞洲スポーツアイランド空の広場で開催された。普段なかなか目にすることができない、貴重な旧車・クラシックカーが会場に集まり、出展社やフリーマーケット出品者によるパーツやグッズ販売、さらに特別企画として「昭和レトロカー万博オークション2021 by BHオークション」も実施。旧車ファンはもちろん、懐かしのクルマに触れられるイベントとして、ノスタルジックな空間にタイムスリップできるイベントとして大いに盛り上がった。そんな会場に集まったエントリー車両のなかから、こだわりのオールドタイマーたちをリポートする。

ラリー仕様に近いフォルムから走り屋仕様にカスタマイズ

【1972年製/トヨタ・カローラレビン1600GT(TE27)/オーナー:高山晃浩サン】

 父親が旧車好きという影響もあり、旧いクルマとの関わりは自然に身に付いたという高山サン。このクルマは、旧車を専門に販売しているお店に並んでいるのを見てひと目惚れで購入。しかし、じつは店頭に並んでいるときは今の姿とはまったく異なり、車高は高くTRDのマッドガードを装着し、スタイリングはラリー車に近い状態だったそうだ。

【関連記事】バブル時代の日産「S13シルビア」が今なおクルマ好きに支持される理由とは? 30年前のデートカーに再注目です

TE27型カローラレビン画像はこちら

 それを自分好みにリメイクし、今の状態に仕上げられている。ボディまわりは、純正色に近いモスグリーンにオールペン。市販されているチンスポイラーを装着し、足まわりはフロントにAE86用の車高調を装着している。車高はもう少し下げたいところだが、マフラーが干渉するので今の状態からは変更できないとのこと。TE27型カローラレビン(リヤ)画像はこちら

 装着するホイールは、ハヤシレーシングから変更しSSRマークⅡ(F:13×7.0/R:13×8.0)を履き、タイヤはアドバン・ネオバ(F:165/60、R:185/60)を組み合わせる。

 パワーユニットは、ピストン/クランク/カムなどを変更し、1920ccにボアアップ。TRDの強化クラッチやLSDを装着し、マスターバックは社外品に変更している。ラジエター、オイルクーラーなども社外品をセレクトし、キャブレターはソレックス44、エキゾーストマニホールド、マフラーなども変更。走りは快適だ。2T-G型1.6L直4DOHCエンジン画像はこちら

 月に2~3回ほどしか乗っていないということだが、乗るときはチョイ乗りではなく1時間以上はしっかりと走り運動機能をなじませることでコンディションを確保している。その甲斐ありアイドリングも安定し、普通に乗れるクルマに仕上がっているのだ。オーナー高山晃浩サン画像はこちら

□SPECIFICATION

〇エクステリア:純正モスグリーンにオールペン/社外品チンスポイラー

〇ホイール&タイヤ:SSRマークⅡ(F:13×7.0・R:13×8.0)/YOKOHAMAアドバンネオバ(F:165/60・R:185/60)

〇チューニング:エンジン1920cc/オイルキャッチタンク/社外ラジエター&オイルクーラー/ソレックス44⌀/エキゾーストマニホールド/エキゾーストマフラーTRD強化クラッチ/LSD/ストラットタワーバーほか

〇インテリア:ナルディ・ステアリング/レカロシート

6年の歳月を掛けてフルレストア! 新車同様乗りやすいトレノに仕上がった

【1972年製/トヨタ・スプリンタートレノ1600GT/TE27/オーナー:澤木靖典サン】

 旧車のレストア&メンテンスショップとして、旧車ファンなら誰もが知っている京都の斎藤商会。その斎藤商会が6年の歳月を費やし、ボディからエンジン、足まわりまで徹底的にレストアして作り上げたクルマがこのトレノだ。オーナーみずから塗装の下地処理などを手伝うなど、思い入れのあるこのクルマは時間をかけただけのことがあり新車に近い状態。オーナー曰く「普通に乗れるカローラ」に仕上がっているという。TE27型スプリンタートレノ画像はこちら

 エンジン本体は組み直しなどしているものの、ボアアップは行わずノーマルで仕上げているので前述の「普通に乗れる~」というワードがそのまま当てはまるクルマのようだ。エンジンの始動はもちろん、1発でOK。熱が入るまでは多少バラつくが、暖機が終わればアイドリングはビシっと安定する。2T-G型1.6L直4DOHCエンジン画像はこちら

 とにかく、ゆっくり、ガッチリレストアを行うと、まったく壊れる心配はない。また、旧車に共通して言えるコトである、普通に毎日でも乗ってあげることが、旧車をいつまでもいい状態で乗り続けるコツだとか。やはりクルマは乗ってナンボ。乗ることでクルマの具合はわかるのだ。TE27型スプリンタートレノ画像はこちら

 やはり早期発見、早期メンテンスが機械モノを快適に維持するポイントのようだ。インテリアは、快適装備となるパワーステアリングやクーラーなどは装備していないが、メーター類などは今風にメイキング。スタンダードに近いレストアも魅力だが、このクルマのように敢えてカスタマイズしてあげるのも旧車メイクの醍醐味と言えそうだ。オーナー澤木靖典サン画像はこちら

□SPECIFICATION

〇エクステリア:純正オレンジに外装&エンジンルームオールペイント/社外品チンスポイラー/トランクスポイラー/ウインカー変更

〇ホイール&タイヤ:SSRマークⅡ(前後13×7.0)/YOKOHAMA・グランプリM7R(前後位185/60)

〇チューニング:エンジンノーマルオーバーホール/ソレックスキャブ/エキゾーストマニホールド/エキゾーストマフラーほか

〇インテリア:パーソナル・ステアリング/油圧計・油温計・水温計・電圧計・燃圧計・タコメーター・デジタルスピードメーターほか