スーパースターから「ネオクラ系」新作ホイール3ブランド6モデルを来春から続々登場! (1/2ページ)

スーパースターから「ネオクラ系」新作ホイール3ブランド6モデルを来春から続々登場!

この記事をまとめると

  • マルチピースホイールでお馴染みのスーパースターの最新作がデビュー
  • シェブロンレーシングから派生した「シェブロンGT」が登場
  • レオンハルトには「ヘリテイジライン」が加わり3モデルが新登場

 

「シェブロンGT」からスポーティカーにハマる『5S』&『10F』がデビュー

 シェブロンレーシングでは、これまでスタンス系やクラシック車種をターゲットに3ピースホイールを展開してきたが、新ブランドの「シェブロンGT」では、トヨタGRヤリスや発売されたばかりのGR86&スバルBRZなど、スポーツモデルの足元にぴったりとハマる2ピースホイール2アイテムがデビューする。GRヤリス

 剛健さが際立つシンプルな5スポークと、ステップリムが見せる奥行き感が魅力的な『5S』は、コンペティショナルさを感じさせながらもスタイルアップにも貢献する佇まい。対して『10F』は細身の10スポークが、足元にスタイリッシュさを与えてくれる。Subaru BRZ

 いずれのモデルも純正サイズ+1インチアップを意識した18/19インチのラインアップとなっている。ピアスボルト意匠を排除したことでスポーク長を伸ばし、同サイズ(インチ)の3ピースホイールに対して、さらなる足長デザインを実現させている。シェブロンGT 5S

 また、ホイール裏の取り付け面はサークル形状ではなく5穴専用としたことで、抜きができたことによるルックスはもちろん軽量化による軽快感を演出。3ピースホイールのクオリティをそのままに、ミリ単位のインセット設定にも対応する。シェブロンGT 10F

□シェブロンGT 5S SPEC

・サイズ設定:18×7.5J~19×11.0J(全13サイズ)

・価格:6万1600円~9万200円(1本/税込)

・カラー:ピアノブラック、ホワイト、プレミアムゴールド、チタニウムシルバー、SBC

・発売:2022年3月

□シェブロンGT 10F SPEC

・サイズ設定:18×7.5J~19×11.0J(全13サイズ)

・価格:6万1600円~9万200円(1本/税込)

・カラー:ピアノブラック、ホワイト、プレミアムゴールド、チタニウムシルバー、SBC

・発売:2022年3月順次発売

懐かしの「DINO」をオマージュした『シェブロンレーシング S2』

 往年の極太5スポークが、懐かしのクラシカルホイール「DINO」を連想させる新作ホイール『シェブロンレーシング S2』。かつての3ピースホイールに用いられていた、ディスクをアウターリムとインナーリムで挟み込む「サンドイッチ工法」により、完全新作のリムデザインを採用。WRX STI

 ピアスボルトには、サンドイッチ工法専用モデルに与えられるクラシックロゴが刻印され復刻。センターキャップにはシェブロンレーシングのアイコンであるレーシングピンがインストールされるなど、あらゆるシーンに対応可能な2フェイス仕様(ナットホールが見えるオープンタイプとクラシック意匠のカバードタイプ)となっている。シェブロンレーシングS2

□シェブロンレーシング S2 SPEC

・サイズ設定:18×8.0J~19×12.5J(全21サイズ)

・価格:9万4600円~14万8500円(1本/税込)

・カラー:クラシックシルバー、プラチナムゴールド、 ピアノブラック、ホワイト、SBC

・発売:2022年4月順次発売

画像ギャラリー