グラム単位の軽量を実施! サーキットで乗ってわかった「R35GT-R NISMO Special edition」その進化と深化 (1/2ページ)

noteで書く
グラム単位の軽量を実施! サーキットで乗ってわかった「R35GT-R NISMO Special edition」その進化と深化

この記事をまとめると

  • 「R35GT-R T-spec」「R35GT-R NISMO Special editionをサーキットで試乗
  • 2グレードの意外な乗り味の違いに驚く
  • 事実上最後のGT-Rを噂されているが、その出来栄えは?

NISMO Special editionとT-specが持つ特別な性能とは?

 まず最初に、今市場を賑わわせている2台のGT-Rについて簡単に説明しよう。9月14日に発表された「R35GT-R T-spec」は、通常の「Premium edition」と「Track edition engineered by NISMO」というふたつのグレードをベース究極の走りを追求したというモデル。専用カーボンセラミックブレーキやカーボン製リヤスポイラーなどを備えており、「Premium edition T-spec」は専用アルミ鍛造ホイール(R35NISMOと同サイズ)を装備するため、サスペンションも専用セッティングが施されている。

R35GT-R T-specのカーボンブレーキ

 対して「R35GT-R NISMO Special edition」はカーボン製エンジンフードをクリア塗装のみで剥き出しとし、ピストンリング、コンロッド、クランクシャフトなどは高精度の重量バランス取りが行われている。R35NISMOのなかでも、より性能に特化した特別仕様車なのである。T-specもNISMO Special editionもGT-Rの2022年モデルとして発表されている。

R35 GT-R NISMO Special edition

開発者が意地を見せた徹底した軽量化と精密性向上

 この「R35 GT-R NISMO Special edition」と「T-spec」にクローズドコースで試乗する機会をもらうことができた。ステージは『岡山国際サーキット』。スーパーGTも開催されるテクニカルな国際格式サーキットは、R35のポテンシャルを解き放つのに打って付けである。「青空よりもグレーに、路面の色よりもブルーに」を狙って採用された新色の「ニスモ・ステルスグレー」は、なるほど、サーキットで一層映えるカラーだ。

R35 GT-R NISMO Special editionのサーキットでの走り

 試乗前に車両開発責任者の川口隆志氏にSpecial editionについて話を聞くことができた。驚いたのはまさに「グラム単位」で実行された軽量化。カーボン地剥き出しのクリア塗装としたボンネットフードで約100g、というのは発表会でのプレゼンテーションでも解説していたが、ホイールリムに赤いライン塗装を施すにあたり、その塗料分だけ重くなることを嫌い、ホイール側をわずかに削ったのだという。結果、塗料分を相殺するどころかホイール1本当たり3g軽くなったというから驚くほかない。

 また、パールやメタリックではなくソリッドカラーの専用色を用意したのも、ボディを少しでも軽くしたいという思いがあったからそんなことを明るくさらりと言ってのける川口氏だったが、そこにはチーフエンジニアとしての意地とプライドを感じずにはいられなかった。

R35 GT-R NISMO Special edition

noteで書く

画像ギャラリー