見た目よければすべてよし! 性能は上がんないけどカッコはいい「ビジュアル系」カスタム4選 (1/2ページ)

見た目よければすべてよし! 性能は上がんないけどカッコはいい「ビジュアル系」カスタム4選

この記事をまとめると

  • カスタムパーツは意外と高価だがダミーパーツならリーズナブル
  • 手軽に手が出せてアイデア次第でセンスが輝く
  • オススメのドレスアップパーツを紹介

マフラーカッター

 まずは昔からの定番といえるマフラーカッター。ひと言で説明するとマフラーのテール部分に被せる金属の筒で、色気のないスチール製の純正マフラーをサイズ感も含め変身させられる。以前はいかにも後付け感が強い安っぽい製品が多かったが、最近では焼き色がチタン風のグラデーションだったり、形状もオーバルやダブル出しなど選択肢が増えてきた。マフラーカッター

 当然ながら排気効率や音量に影響しないので、性能は上がらないが車検に落ちる心配もない。ただしリヤバンパーから著しく突出していたり、取り付けが不安定だとダメ出しされる可能性があるので注意。

ビッグキャリパー風カバー

 次はブレーキのビッグキャリパー風カバー。セダンやミニバンはホイールのインチアップが定番中の定番、しかし大きくするほどブレーキのスカスカ感が大きくなってしまう。それを解消するため純正キャリパーの上から、ビッグキャリパーを模したプレートを被せるワケだ。ブレーキビッグキャリパー

 マフラーカッターと同じくコレも以前は完成度が高いとはいえず、遠目から見ても違和感のある製品が少なくなかった。しかし最近は車種専用に設計し自然なフィッティングだったり、細部まで本物のビッグキャリパーのディテールに近付けるなど、登場したてのころとはクオリティが別モノといえるほど高くなっている。

 同じくブレーキ系ではリヤのドラムをディスク風に見せるキットや、ドラム自体に塗装やメッキを施してドレスアップした製品も。いずれも実際の制動力にはまったく関係ないが、見た目のインパクトは本物と遜色ないはずだ。

スポーツカーやミニバンなどジャンルは違えど、愛車をカッコよく仕上げたい欲求を持つのは誰もが同じ。だけどカスタムするためのパーツは意外に高価で、そうそう気軽に手を出しにくい。ここでは性能にはまったく関係がないが、ドレスアップに有効なパーツを紹介する。