トヨタ2000GT、510ブル、クジラクラウン! 名車しかいない懐かしの「1970年代の東京モーターショー」貴重なパンフレットで振り返る【トヨタ・日産編】 (1/2ページ)

トヨタ2000GT、510ブル、クジラクラウン! 名車しかいない懐かしの「1970年代の東京モーターショー」貴重なパンフレットで振り返る【トヨタ・日産編】

この記事をまとめると

  • 名車が数多く送り出された1970年代前後をパンフレットで振り返る
  • トヨタ2000GTやセリカ1600GTなど懐かしい顔ぶれが載っていた
  • 現代にも続く日産の技術は70年代のパンフレットでも確認ができた

モーターショーはカーマニアにとって天国だった

 モーターショーの醍醐味は、何といってもショーカーや発売間近だったり、発売されたばかりの新型車を見ることができる点だ。市販車であればフロアに直に置かれ、運転席に座ったり、ボンネットを開けてエンジンを眺めたりすることもできる。カーマニアには天国のような場所にほかならない。

 それともうひとつの楽しみが、会場で配布されるパンフレットを集めること。どこかのメーカーで貰った“マチ付き”の手提げ袋に次々と貰ったパンフレットを入れては集め、しまいには袋の底が抜けるほどの量と重さに。でもそうして会場で集めたパンフレットを持ち帰り家で眺めるのも、また至福の時間なのだった。今回はそんな当時のパンフレットの一部をご紹介したいと思う。

今も昔も東京モーターショーはクルマ好きにとって天国のような場所だった。好きなクルマをじっくり眺め、パンフレットやカタログを持ち帰り家に帰っては眺めていた。ここでは、1970年代までタイムスリップし、貴重な資料とともに振り返ってみたいと思う。