クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「レガシィ」「ステージア」「カペラカーゴ」! 90年代で一大ブームを巻き起こした「国産ステーションワゴン」9選
CLASSIC
share:

「レガシィ」「ステージア」「カペラカーゴ」! 90年代で一大ブームを巻き起こした「国産ステーションワゴン」9選

投稿日:

TEXT: 島崎 七生人  PHOTO: 島崎 七生人

ワゴンはカジュアルで親しみやすさが魅力のクルマだった

 あれほど流行っていたのに……の思いがしないでもない。ともかく1990年代の日本ではステーションワゴンが一大ブームとなっていた。

スバル・レガシィツーリングワゴン

 そのキッカケとなったのが、1989年に登場したレガシィツーリングワゴンだった。セダンとともに登場したツーリングワゴンは、それまでになかった、バンをもたないワゴン専用モデルとして登場。セミハイリーフとサッシュレスドアの、機能とスタイリッシュさを両立させたクルマだった。

 さらに1989年9月には、このクルマの人気とイメージを決定づける“GT”が出現。2LのDOHC+インタークーラー付きターボで200ps/26.5kg−mを搭載。しかも4WDと、ワゴンなのにまるでスポーツカーのようなスペックが与えられたクルマだった。

 この人気は、2代目以降も続いた。ちなみにこのレガシィ・ツーリングワゴンのルーツは、1972年に登場したレオーネ1400エステートバン4WD。このモデルが、量産車ではあのアウディ・クワトロよりもずっと早く、乗用4WDを実現したのだった。

日産アベニール

 一方でレガシィツーリングワゴンが牽引役となり、国産各社のステーションワゴンも脚光を浴びることとなった。日産アベニール(1990年)はそのなかの1台。このクルマで奮っていたのは、1989年に登場したフェアレディZ(Z32型)の“スポーツカーに乗ろうと思う”のキャッチコピーを受けて、“スポーツカーの次に来るもの”を謳い文句に登場してきたこと。

 スタイリングはスッキリとクリーンでおおらかなもので、カーブドガラスが用いられたリヤゲートはアクセントのひとつ。リヤサスペンションには、ストラットの室内への張り出しがないトーションビーム式トレーリングアームを採用する点も特徴だった。

マツダ・カペラカーゴ

 登場年でいうとレガシィよりも1年早い1988年デビューだったのが、マツダ・カペラカーゴ。

 当時「JALカーゴを連想する(ビジネス風の)車名はどうなのか?」とマツダのとある幹部役員が非公式に言うのを聞いたことがあったが、そのCARGOのロゴが大きくあしらわれたリヤゲートをルーフまで回り込んで開き大開口を確保。このクラスでは珍しい後ろ向きのサードシートを備え、7名乗りが可能な点がユニークだった。

トヨタ・カルディナ

 一方でトヨタが用意した新しいステーションワゴンがカルディナだった。

 当時のコロナをベースにステーションワゴンに仕立てたモデルだったが、当初からフルタイム4WD車を揃えるなど、トヨタらしいソツのない商品企画が特徴的。さらに“スカイキャノピー”と名付けられた、ハイルーフボディにガラスルーフを組み合わせたユニークなスタイルのバリエーションも用意した。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS