勝つためには手段を選ばず! ちょっとやりすぎの「競技専用」スポーツカー4選 (1/2ページ)

noteで書く
勝つためには手段を選ばず! ちょっとやりすぎの「競技専用」スポーツカー4選

この記事をまとめると

  • かつて各メーカーがラインアップしていた「競技専用車」を振り返る
  • 快適性を犠牲にして速さを追求したモデルも
  • 今では絶対市販できない仕様も存在した!?

スバル・インプレッサWRX STi type RA spec C

 2000年から2007年まで販売されていた2代目インプレッサ。先代同様ハイパフォーマンスなWRX、さらにスポーツ志向の強いWRX STiをラインアップしていました。そんな2代目インプレッサに競技専用グレードとして2001年12月に登場したのが「STi type RA spec C」です。スバル・インプレッサWRX STi type RA spec C

 spec CのCはコンペティションを意味しており、まさに競技専用モデルにふさわしいグレード名です。エンジンやサスペンションも強化されていましたが、やりすぎとも言える部分はズバリ軽量化。スバル・インプレッサWRX STi type RA spec C

 快適装備を撤廃しているのはもちろんのこと、ルーフやトランク、薄いガラスを使用するなどの徹底ぶり。さらに、運転席と助手席のエアバックを撤廃しているあたりには時代を感じます。これらにより90kgの軽量化を実現していました。スバル・インプレッサWRX STi type RA spec C

 また、ガンガン走ってもOKな仕様にすべく、トランスミッション用のオイルクーラーの追加や、インタークーラーウォータースプレーのタンク容量が3倍になっている点も、競技専用グレードな面を感じさせます。

日産マーチR

 1982年に登場した初代マーチに、1988年からラインアップに加わった競技専用グレードがマーチRです。ラリーを中心に活躍したこのグレードのやりすぎポイントはエンジン。スーパーチャージャーとターボチャージャーが組み合わせたツインチャージャー仕様となっているのです。日産マーチR

 しかも、ツインチャージャエンジンを搭載した日本車はこのマーチRが初めてでした。最高出力は110psを発生。クロスミッションとの組み合わせにより、あらゆる速度域からトルクフルかつ素早い加速が可能でした。もちろん内装も簡素で、快適装備も最低限でしたが、漢気を感じるのはオイルクーラーを装着するとエアコンがレスとなってしまうこと。マーチRのエンジン 走りは高評価でしたが、そのあまりに硬派すぎる性格から「日常使いできるマーチRが欲しい」という声があり、後年マーチRと同じエンジンを搭載した市販モデル「スーパーターボ」が追加されました。日産マーチR

noteで書く

画像ギャラリー