「シビック」に「ローレル」「5シリーズ」! 2022年でデビュー50周年を迎えるクルマ7選 (1/2ページ)

noteで書く
「シビック」に「ローレル」「5シリーズ」! 2022年でデビュー50周年を迎えるクルマ7選

この記事をまとめると

  • 2022年で50周年を迎える、1972年デビューのクルマを振り返る
  • ホンダ・シビックやルノー5など画期的なコンパクトカー
  • トヨタ・マークIIと日産ローレルはともにこの年2代目に

その1 ホンダ・シビック

 1972年7月12日に発売された初代「ホンダシビック」。もう枕詞のように、アメリカで始まった排ガス規制「マスキー法」を世界でいち早くクリアしたモデルとして語り継がれているが、実際に「CVCC」を搭載した1.5Lモデルを追加したのは1973年末で、1.2Lを軸に全モデルがCVCC仕様となったのは1975年のこと。それでもスポーティな3ドア・ハッチバックのスタイリングと1974年に加わったRSによって、4輪でもスポーツカーに限らずともイキのいい自動車メーカーという、ホンダのイメージを決定づけた記念碑的モデルだ。だからこそ国内展開のなかった時代を経て、シビックの日本市場復帰は長らく待たれたものとなった。

初代ホンダ・シビック

その2 ルノー5(サンク)

 今やフェラーリに次ぐF1の古参コンストラクターとなったルノー(ことアルピーヌ)は当時、上場企業どころか今よりもずっとフランス政府と一体の「公団」という位置づけで、前年より「フォーミュラ・ルノー」を開始したばかり。1972年は初代「5(サンク)」が登場した年として記憶される。縦置きFFで左右で異なるホイールベースや、ドアノブが見えないドアは衝撃的だった。初の「横置き」FFハッチバック市販車のタイトルは2年後デビューの「VWゴルフI」に譲ったが、ヤング憧れのスポーティなコンパクトかつ実用的ハッチバックの先駆けだったことは間違いない。

「サンク・アルピーヌ」から「サンク・ターボI」、「II」へと、ターボ化とグループB時代にエボりまくった元祖ホットハッチでもある。後継モデルの「シュペール5」は横置きFF化されつつ、「ランボルギーニ・カウンタック」のデザイナーとして知られるマルチェロ・ガンディーニが手がけた大衆車となった。近年ではルノーがピュアEVで「サンク」を復活させることを公言している。

ルノー5(サンク)

その3 BMW 5シリーズ

「ノイエクラッセ」と呼ばれた「1800」と「2000」系を統一し、新時代のアッパーミドル・サルーンとして1972年にBMWが登場させたのが「E12型」の「5シリーズ」。「シャークノーズ」と呼ばれた攻撃的デザインは、当時のサルーンとして斬新だった。その起原はベルトーネ時代のガンディーニが手がけたコンセプトクーペ「BMWガルミッシュ」に遡り、メルセデス・ベンツからTGVのデザインを経て移籍してきた鬼才、ポール・ブラックの手で市販デザインに仕上げられた。

 1974年にはドイツで1998年まで続く刑事ドラマ「捜査官デリック」の愛車となるが、1977年に「7シリーズ」が登場すると、主人公はそちらに乗り換えた。ちなみにBMWにとって2022年は、「BMW M GmbH」(当時はBMWモータースポーツGmbH)の創設50周年記念でもある。

BMWのE12系5シリーズ

その4 アウディ80

「NSU」を吸収して間もなかったころのアウディが、今日の「A4」に連なる系譜のミドルサルーンを生み出したのも、50年前だった。それが「B1」世代の「アウディ80」だ。ジウジアーロが手がけた美しい外観デザインの縦置きFFだが、パナールロッドとトレーリングアームを組み合わせた丈夫なリヤサスにより、高速走行やブレーキング時の安定性に優れ、1973年には欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するほど高い評価を勝ち得た。アウディ80のB1世代のシャーシ・コンポーネンツは、親会社のフォルクスワーゲンが1973年に登場させた「パサート」にも用いられた。

アウディ80

noteで書く

画像ギャラリー