先代より約3秒速い「新型GR86」! 富士スピードウェイで全開タイムアタック

noteで書く
先代より約3秒速い「新型GR86」! 富士スピードウェイで全開タイムアタック

この記事をまとめると

  • 新型トヨタGR86で富士スピードウェイを全開タイムアタック
  • ドライバーはプロドライバーの佐々木雅弘選手
  • 新型は初代から約3秒もタイムアップした

新車状態でそのまま全開アタックを敢行!

 話題のFRスポーツカー「GR86」。早速納車されたオーナーも多く、チューニングパーツメーカーも新製品の開発が進んでいる。それだけ数多くのオーナーが待ちわびていた証拠でもあるだろう。

GR86のスタイリングイメージ

 そんな注目の新型GR86、フルノーマルの状態でどれくらいの実力を秘めているのか? サーキットに持ち込んで、その実力を試してみることにした。舞台となるのは、静岡県・富士スピードウェイ。世界でも珍しい、超ロングストレートを持つコースだ。

富士スピードウェイを走るGR86

 走らせるのは、リミッターも解除していないフルノーマルのGR86 RZ(6速MT)。ステアリングを握るのは、TOYOTA GAZOO Racingで活躍し、GR86の開発ドライバーも務めた佐々木雅弘選手だ。

GR86と佐々木雅弘選手

 季節は違うが、ほぼ同じ気温でテストした先代トヨタ86の印象も交えて、新型の走りを解説してもらった。果たして何秒を記録したのか? 動画にてお届けしよう。

noteで書く

画像ギャラリー