「エヴァンゲリオン」葛城ミサトの愛機! ポルシェの対抗馬「アルピーヌA310」が今なお人気のワケ (1/2ページ)

この記事をまとめると

  • ルノー・アルピーヌA110の後継モデルとして1971年に登場したA310
  • 人気アニメ「エヴァンゲリオン」に登場する葛城ミサトの愛車としても話題になった
  • 後期型はワイドフェンダー化&さらに大きなスポイラーを装着するグレード「GT」や「GTブローニュ」を追加された

グランツーリスモ的な味付けにはなったA310

 見事、復活を遂げたのがフランスのアルピーヌだ。現在はルノーグループのスポーツ部門として、現行モデルのA110を手掛けるだけでなく、同じくルノー系のゴルディーニブランドを有していたり、ルノースポールとも統合して、F1をはじめとするモータースポーツ活動も行っている。

 アルピーヌというブランド自体は独立していて、もともとはルノーのディーラーを経営し、自身もレーシングドライバーだったジャン・レデーレという人物が立ち上げたもの。チューニングしたマシンはレースやラリーなどで大活躍して、なかでもA110はその名声を確固たるものにした。ルノー・アルピーヌA110

A110の後継モデルがA310だった

 1973年にはルノー傘下となるが、A110はそのまま継続して生産されていて、じつはA110のほかにもA210などのシリーズがある。A210はレース参戦専用のプロトタイプで、市販車としてはA110の次に来るのがA310だ。ルノー・アルピーヌA110とA310

 最近では人気アニメ「エヴァンゲリオン」に登場する葛城ミサトの愛車としても話題になった。設定では初期型のフロントマスクとシリーズ2と呼ばれるマイナーチェンジ後のボディを組み合わせているようで、レストアが上がったばかりでローンも残っているという発言もあったりする(旧TV版)。

 A110の後継車として1971年に登場したのがA310で、当初は人気の衰えないA110と併売されていた。メカニズム的には鋼管フレームやFRP製ボディ、前後ダブルウイッシュボーン、RRレイアウトなど、A110を踏襲したもので、エンジンは1.6Lの直4を当初は搭載していた。これは127psを発生し、同じルノーグループであるゴルディーニと同じもの。その後、95ps版も追加されたが、パワー不足もさることながら、A110よりも重たくなっているなど、不評だった。ルノー・アルピーヌA310

画像ギャラリー