ほとんどのスバリストが体感できない激レアコンプリートカー! インプレッサSTI CS400の仰天な中身 (1/2ページ)

noteで書く
ほとんどのスバリストが体感できない激レアコンプリートカー! インプレッサSTI CS400の仰天な中身

この記事をまとめると

  • 限定75台の激レアコンプリートカー「インプレッサSTI CS400」
  • 「コスワース」が手掛けた400psを誇る史上最速のインプレッサWRX
  • 日本でも2〜3台が流通し運が良ければ貴重なモデルに出会えるかも

大パワーを受け止める調律の巧さはため息モノ

「コスワース」と言えば、F1のエンジンサプライヤーとしてあまりにも有名だ。いや、SUBARUファンにとっては、WRCグループA時代に戦ったフォード・エスコートRSコスワースを思い出すのではないだろうか。ベースはCセグのハッチバックなのに2L直4を縦置きにしたエボマシン。

 クソ重い鋳鉄ブロックでフロントにトラクションかけながら、ギャレットの巨大なタービンで加速させていた。F1よりもWRCばかり観ていた筆者としては、コスワースといえば豪腕のエンジンチューナーというイメージが強い。インプレッサSTI CS400(リヤスタイル)

 なのでコスワースがWRXのチューンドカーを仕立てたと聞いたときは非常に驚いた。WRCから撤退していたとはいえ、まだ黄金期の余韻が残る2010年の話だ。インプレッサSTI CS400は英国市場向けの3代目インプレッサWRX STI(EJ25ターボエンジン搭載)をベースに手がけたスバルUKのコンプリートカーで、 生産台数は75台。日本国内にはわずか2〜3台しか入らなかったと言われている。

搭載する「EJ25ターボ」は400psを発生

 そんな激レア車ながら、わりと最近まで知り合いがこれを所有していた。去年手放してしまったようで、今回取材させてもらったクルマもてっきりそれだと思ったのだが、じつは別の個体だった。

 エンジンは専用のピストンやコンロッド、タービンなどによりノーマル比100psアップの400psに強化。0→100km/h加速タイムは3.7秒とされ、歴代最速である。 一方で内外装の特別感は控え目でノーマルとの識別点は意外と少ない。EJ25型2.5L水平対向4気筒ターボエンジン

 しかしエンジンルームは比較的スペシャル感が強く、とくにエアクリーナーがフロントフェンダー内に配置されるところはいかにもレーシングマシン的だ。ブレーキはWRCと縁のあるブランド、APレーシング製6ピストンキャリパーを採用する。

 CS400と暮らした経験のある知人の話によると、低回転時から発生する底知れぬ極太なトルク感と、3700rpm付近から急激に立ち上がるハイブースト車ならではのピーキーなパワーの炸裂感は、過去に登場したどのWRXよりも強烈だったという。インプレッサSTI CS400(インパネ)

 身体がシートバックに張りつきっぱなしになる加速Gや、パワーの炸裂とともに高まるタービン音やブローオフバルブ音がもたらす快感も得がたい魅力だったと語る。

強烈なパワーを補完するシャーシ&ブレーキ性能も圧巻

 2.5Lとはいえ、400psを絞り出しても街乗りのドライバビリティが確保されているところは特筆すべきた。 知人は、この強烈なパワーを受け止めるサスペンションや強力無比の制動フィールが得られるブレーキの圧倒的な信頼感など、クルマ全体の調律力の巧みさにもっとも魅了された様子。インプレッサSTI CS400(ブレーキ)

 それはまさに完成度の高いコンプリートカーと言える。 取材させていただいたショップに話を伺うと、消耗パーツは国内の純正品が使えるなど整備面の不安は少ないという。取材車両はすでに売約済みだが、現オーナーが手放せば再度、日本国内で販売される可能性は高い。なかなかお目にかかれない激レアWRXを発見したら、見逃すことなかれ!

noteで書く

画像ギャラリー