6速MT×4WDで遊び倒せる小さなイタリアン! フィアットから限定車「パンダ・ストリート4×4」が発売 (1/2ページ)

6速MT×4WDで遊び倒せる小さなイタリアン! フィアットから限定車「パンダ・ストリート4×4」が発売

この記事をまとめると

  • 専用ボディカラーをまとって160台限定で販売される
  • 優れた走破性を発揮する4WDとMTの組み合わせ
  • シートヒーターやフルオートエアコンなど快適装備が充実

トコトコとかわいい音の「ツインエア」エンジンをMTで操れる

 フィアットのコンパクトカー「パンダ」は、「500」をベースにした5ドアハッチバック。500ゆずりの0.9L直列2気筒ターボエンジン「ツインエア」のトコトコとしたリズムにのって、キビキビ走れるイタリアン実用車だ。

ニッチながらもファンの多い仕様、ときどき限定販売されてきた

 日本における通常のカタログモデルとしては「FF×5速AT」仕様のみなのだが、ときどき「4WD×6速MT」仕様が限定車として販売され、北国に住む人やアウトドア志向の人、そしてプリミティブなツインエアエンジンをMTで操りたいユーザーたちから人気を集めてきた。前回の限定車は2020年10月発売の「パンダ・クロス4×4」で150台だった。

 今回ふたたび、4WD×MTと専用ボディカラーを採用した限定車「Panda Street 4×4(パンダ・ストリート・フォーバイフォー)」が日本にて導入されることとなり、2022年1月15日(土)から全国のフィアットディーラーで販売開始。160台限定で、車両本体価格(税込み)は242万円だ。

専用ボディカラー「ダークセラミックグレー」

専用ボディカラー「ダークセラミックグレー」

 標準のパンダとの外観上の違いは、専用ボディカラーの「ダークセラミックグレー」を与えられていることと、アンダーガード風デザインの前後バンパー、ブラックのフェンダーアーチ、ルーフレール。さらに専用15インチホイールに履くタイヤは、標準の185/55R15からサイズアップした175/65R15となっている。

タイヤのボリュームもアップしている

画像ギャラリー