「出たのつい最近じゃ?」とか言ってたらオヤジ確定! もう20歳近い「半旧車」5選 (1/2ページ)

「出たのつい最近じゃ?」とか言ってたらオヤジ確定! もう20歳近い「半旧車」5選

この記事をまとめると

  • 今年の新成人が生まれた2000年代前半
  • 今も人気だったり定番となった車種が続々登場
  • コンパクトカーやスポーツカー、ミニバンまで多彩

今もなお人気のモデルが続々誕生した

 1980年代・90年代のクルマ好きからいわせれば、20年前のクルマなどまだまだ新車の類いだが、一般的には20年前のクルマはかなりの旧車。あのトヨタのCMの「こども店長」だった加藤清史郎クンも、今年成人式だったそうで、サッカーの久保建英選手も成人式。平手友梨奈さんなども新成人だった。

 そんな彼らがオギャーと産声を上げたころに生まれた、2000年代前半の名車を振り返ってみることにしよう。

日産フェアレディZ(Z33)

 2000年に販売終了となったフェアレディZが復活したのは、2002年7月のこと。あのカルロス・ゴーンがCOOに就任して豪腕を振るいだし、日産リバイバルプランの目玉としてフェアレディZのカムバックが実現した。

Z33型フェアレディZのフロントスタイリング

 2シーター専用のFMパッケージ(プラットフォーム)を採用し、3.5LのV6エンジンをフロントミッドシップに搭載。空力的にもゼロリフトを達成し、新生ニッサンのシンボル的存在となった。

3.5リッターV6エンジン

 ハンドリングも素直で、少々大きめのボディだが、ドラテク練習車としてもすすめられる一台。なによりZらしいスタイリングを守ってくれたことを評価したい。

Z33型フェアレディZのリヤビュー

マツダRX-8

 2003年に登場し2013年まで生産された最後のロータリースポーツ。観音開き4ドア「フリースタイルドア」が大きな特徴で、新設計のNA専用ロータリーエンジン13B-MSP型『RENESIS』を搭載した。

RX-8のフロントデザイン

 RX-7(FD3S)よりもホイールベースが伸びているが、前後の重量配分は50:50をキープしている。エンジンの搭載位置が低くなったことで、FD3Sよりもヨー慣性モーメントが5%低減。旋回性能はいまでもピカイチのレベルにある。

RX-8のリヤビュー

BMW MINI

 英ローバーグループを1994年に傘下に収めたBMWが送り出した、新しい時代のMINI。日本では2002年3月2日=「ミニの日」に発売を開始した。

ミニのフロントビュー

 BMWの横置きFF? と懐疑的なところもあったが、完成度はとても高く、ハンドリングもBMWの名に恥じない仕上がり。エンジンも「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー for 2003」「テン・ベスト・エンジン2005」を受賞している。

 サー・アレック・イシゴニスが設計した、オリジナルのミニの雰囲気をうまく取り入れたスタイリングも秀逸といえる。

ミニのリヤビュー

画像ギャラリー