「GT-R」とガチバトルも!! 話題の新型「ランクル300」が北の大地でサーキットを爆走 (1/2ページ)

「GT-R」とガチバトルも!! 話題の新型「ランクル300」が北の大地でサーキットを爆走

この記事をまとめると

  • 新型ランドクルーザー300が十勝サーキットを爆走
  • スタッドレスでアタックしたランクル300の高性能ぶり
  • R35GT-Rともサーキットバトルを展開……その結果は!?

ランクル300がサーキットを爆走! その走行性能をチェック

 国産SUVを中心に、ラグジュアリーカスタムを提供するGMGが、新型300系ランクルZXで“誰もやったことのない!?”サーキット走行を実践。国際C級ライセンスを所有するドライバーを迎え、現時点での限界走行にチャレンジしてもらった。走行の模様はインスタLIVEで生配信されるなど、GMGらしい“スピード感”のあるチャレンジ企画となった!GMG伊藤代表/テストドライバー常松 巧

初出:ワゴニスト2022年1月号(※一部加筆修正)

サスペンションがメチャ良い! コーナリングもスムースでエンジンもバカッ速!!

 まずランクル300でサーキット走行した理由をGMG代表の伊藤さんが話してくれた。「すでに手に入れた方、これからオーナーになる方も情報として知りたいよね。もちろん自分も知りたかったし、誰かがやらないといけない。それを自分がやったということです(笑)」とのこと。GMGランドクルーザー300

 テストドライバーには、十勝スピードウェイでR35GT‐Rを走らせる常松 巧さんを迎えて走行。常松さんにランクル300の印象を聞くと「北海道の冬季なのでスタッドレスを履いていますが、コーナリング時にスキール音が鳴らない。これはアシがしっかりと伸び縮みして働き、タイヤ自体も無理せずスムースにコーナーを曲がり切れていることを意味します」と好印象。ランドクルーザー300(サーキット走行)

「以前にもランクル200で峠を走りましたが、イイ意味でそれとは別物です!」と評価。1コーナーの進入速度は一般のスポーツカーで120〜130km/hのところ、ランクルでは(1名乗車時)100km/h前後と、スタッドレスタイヤ&2.5トン超の車両重量を考慮してもスゴイことだよね!」と、ランクル300のポテンシャルの高さをあらためて実感したそうだ。

 また「走行時はほぼ『スポーツS+』モードに設定してアタックであったが、減衰力が硬くなりアシがしっかりするためロールが少なく、コーナリングもスムーズに走ることができた。ランクル300ZXのトランスミッションは、トルコン式電子制御10速ATだがサーキット走行時は基本的にフルオート。ただし1コーナーだけはMTモードでシフトダウンして走らせた。3.5LのV6ガソリンツインターボエンジンもしっかりと吹き上がってレスポンスも上々。気持ち良くアタックできましたね」と常松さん。ランドクルーザー300(ドライブモード スポーツS+)

画像ギャラリー