各所で絶賛! それでもまだ過小評価といえるほど「走ってイジる」のに「スイフトスポーツ」が最強な6つの理由 (1/2ページ)

各所で絶賛! それでもまだ過小評価といえるほど「走ってイジる」のに「スイフトスポーツ」が最強な6つの理由

この記事をまとめると

  • スズキの現行型スイフトスポーツこそ走り重視で楽しめる最強の存在
  • スイスポオーナーである筆者がその理由をプレゼンする
  • チューニングとカスタムの選択肢が豊富なのもポイント

街乗りもサーキットも楽しめるコスパ最強スポーツカー

 走っていじって遊ぶなら、「スズキ・スイフトスポーツ」が現在最強の存在だ。「走れるクルマがない」「面白いクルマがない」という人は、まだスイフトスポーツのことを知らないだけではないだろうか。あらためて、そのすごさを検証していく。

ポイント1:ターボエンジンで余裕のある走り

 3代目スイフトスポーツはパッケージがガラッと変わり、1400cc 直4ターボエンジンとなった。しかし、初代と2代目は1600ccのNAエンジン。一世を風靡した「EG/EKシビック」のB型エンジンに比べれば、20年近い時間が経っているのにどうして? と聞きたくなるほど穏やかなエンジンだった。

 そこで一気にターボエンジンへシフトし、ガラッと変わった。馬力は140psと控えめだが、トルクは230N・mとNAの2リッタークラスをゆうゆうと超える、圧倒的な加速が手に入った。

 高速道路では6速に入れたまま、追い越し時トラックに追い付いてしまったあともシフトダウンは一切不要。街なかでも1速からそのまま3速に入れてしまえばほぼシフトチェンジ不要だ。長距離移動も市街地も格段に楽になった。ちょっと前に出たいときも、アクセルを踏み足せば瞬時に加速してくれる。

現行スイフトスポーツは2017年発売

ポイント2:最新のエンジンで制御も斬新

 タービンのアクチュエーターがクローズ制御という流行りの方式で、タービンを瞬時に回すことができるためターボラグは皆無で気持ちいい加速が可能だ。エンジンは直噴にすることで高圧縮+ハイブーストが可能に。圧縮比9.9はひと昔前ならNAエンジンでもおかしくない数値だ。それにブースト圧はノーマルでもオーバーシュート時に1.0kg/cm2以上掛かる。ちょっと前なら考えられないほど、低回転からトルクがあり、ブースト圧がかかればさらに鋭い加速が可能だ。

ターボラグ皆無で加速できるエンジン

ポイント3:軽量ボディで1t切りを達成!

 ボディはスズキ最新の「HEARTECT(ハーテクト)」。骨格構造の90°に折り曲がる部分をなめらかにすることで、路面からの入力を効率よく受け止めることができ、ボディ剛性をアップさせながら軽量化を実現している。2代目がNAエンジンで1050kgだったのに、現行型は付加物の増えるターボエンジンでありながら970kgとビックリの軽量化だ。「マツダ・ロードスター」よりも軽いほどである。

軽量ボディで車両重量僅か970kg

画像ギャラリー