オカルトじゃない! ブレーキもハンドルの感触も良くなるトヨタの「除電運転席」に本気で驚いた (1/2ページ)

noteで書く
オカルトじゃない! ブレーキもハンドルの感触も良くなるトヨタの「除電運転席」に本気で驚いた

この記事をまとめると

  • トヨタが新開発した「除電スタビライジングプラスシート」
  • ドライバー周辺の「帯電」を解消することでクルマの動的な質を向上させる
  • 本当に効果があるのか、いくつかのクルマで試してみた

見た目は超地味だけど効果バツグンな「除電スタビライジングプラスシート」

 これは、どうしても皆さんに紹介したかったものだ。なぜなら、私が近年の自動車関連技術において、実体験を伴うものとして、感銘を受けたものの筆頭であったから。

 トヨタは、2021年11月に「カローラ」シリーズのグローバル累計販売5000万台達成を記念した特別仕様車を発売した。その特別装備のなかに、運転席に採用された「除電スタビライジングプラスシート」なるものがあり、それが安定した車両挙動や気持ちのよいドライビングに寄与すると謳われている。

「カローラ」5000万台記念モデルで初採用された新技術

 それを体験する機会を、トヨタの2021年オールラインアップ試乗会において得られた。トヨタの技術者に助手席へ乗ってもらい、「除電」機能を与えたシートクッションの前端部に、その機能を遮る布をかけたり外したりすることで、走りながらにして、その差を知るというものだった。

 そのときの印象が「ウソだろ、こんなに変わるなんて!」である。これまでもトヨタでは、走行中に帯電しやすいステアリングコラム周りや、帯電によって空気が滞留しやすくなってしまうホイールハウス内に「アルミテープ」を貼ることで、操縦安定性の向上を図るという地味な技術を採用していた。だが、この「除電スタビライジングプラスシート」の機能は、ドライバー自身に起こる帯電による車両への影響を減少させるというものだという。

2021年11月に発売されたカローラシリーズの「50 Million Edition」

 要は、車体からステアリングを通してドライバーに伝わってきてしまう静電気と、ドライバー自身が着衣やシートと擦れて生じてしまう静電気による大きな帯電を、今度はシートを通じて車体側へ逃がすものだ。そうなると車体側の帯電量が多くなってしまうのでは、と思うところだが、操縦安定性に影響の大きい部位に局部的に大きな帯電をさせることなく、車体全体で帯電できるようにするのが目的だ。もちろん、全体帯電量よりも同時にタイヤから逃げていく静電気量のほうが大きいことが前提となっている。

ドライバーの周囲の帯電を車両全体に逃がす

 理屈としては面倒だが、これにより、まずは車体に沿って流れる空気の乱れ、とくに剥離が少なくなるという。トヨタは2000年初頭ごろから、空力による操縦安定性向上を狙った「空力操安」なる言葉を使った車体の開発を行ってきていた。当然としてボディや床下の造形から得る空力性能に加えて、「エアロスタビライジングフィン」、さらに「アルミテープ」など目立たないところで、地道に空力性能を追求している。

 ただ、「TNGA」採用以前のモデルでは、プラットフォームの素性やその持てる能力から、なかなか欧州車の操安性能領域、なかでも動きの質では追いつけなかったのも事実だが、近年は車種によっては欧州車に肉薄するほど急激な性能向上を果たしてきている。そうしたなかでの、今度は「除電スタビライジングプラスシート」だ。

帯電を解消することで空力性能もアップする

騙されたと思って乗ってみたら違いにビックリ!

 その採用第一号が、高級車ではなくカローラだったというのも好ましく思える。まずは、その試乗会における「カローラツーリング・ハイブリッド」での印象だが、そのカローラ自体が、先代とは比較できないレベルで、とくに安心感のある操縦安定性能と、それに乗り心地のバランスをしっかりとモノにしてきている。

 つまり、この「除電スタビライジングプラスシート」をもたない通常のモデルでも悪くないのだが、その機能の有無はすぐに知れるほどの差をもたらしていた。低い速度域では、トヨタの開発の方が自ら「ウチのハイブリッド車のブレーキコントロール性はあまり誉められたものではないのですが」と言うところが、まずブレーキペダルの踏みこみ初期の立ち上がり途中で生じがちな唐突感がならされている。そして減速時に段差なく自然に制動を行えることに驚かされる。正直、「え?」である。

まずカローラツーリング・ハイブリッドで試した

 アクセルワークも同様で、とくに立ち上がりのごく初期のなめらかさが得られるようになっている。シートの除電機能を遮断してみると、実用上で支障があるようなことはまったくないにせよ、そのコントロール感は劣るようになる。発進初期、極低速だから、ここは空力領域ではないはず。ペダル操作を司るステッピングモーターなどに影響を及ぼす微小な電気ノイズが取り除かれる、もしくは減少することで、ペダル操作に対して遅れや進みなくかつ正確性を増すということらしい。

静電気が車体各部に偏在していると空気の流れも乱れる

 圧倒的だったのが、空力性能向上が顕著な60km/hから上の領域では、電動パワステの制御の正確性が増すことが加わってか、直進域のステアリングの座り感に落ち着きが増して直進安定感が高まる。同時に、微舵の応答の正確性も高まる。高速道路でのジャンクションなどのコーナーでのライン取りのラクさも、さらには進入へのブレーキングのコントロール感も、失礼ながら「カローラってこんなに動的な質が高いクルマだったけ?」と思わされるくらいに、心地よい動きをもたらすようになっていた。

 これほど効果のあるものなら、特別仕様といわず、カローラといわず、どんどん採用してほしいと思った。だが、聞けば、シート表皮の材質のみならず色でもその効果に影響を受けるもので、発売にこぎつけるまで5年を要したという。簡単そうに見えて、そう簡単ではない、ということらしい。

帯電を解消することで空力だけでなく挙動もスムースになるという

noteで書く

画像ギャラリー