afimp Style up Car Contest 2021 【第303回 埼玉県 RDベース】 (1/2ページ)

noteで書く
afimp Style up Car Contest 2021 【第303回 埼玉県 RDベース】

この記事をまとめると

  • 輸入車ドレスアップ誌「af imp.」の名物企画
  • 個性的にドレスアップした21台が登場
  • コンパクトカーから大型SUVまでさまざま!
※記号説明

(A) フロントスポイラー(リップスポイラーも含む) (B) サイドステップ (C) リアアンダースポイラー(ディフューザー含む) (D) リアスポイラー(ウイング) (E) ステアリング (F) シフトノブ (G) ナビ+オーディオ (H) シート (I) フロアマット (J) ホイール (K) タイヤ (L) ブレーキ(キャリパー/ローター/パッド) (M) ショックアブソーバー (N) スプリング (O) マフラー (P) コンピューター (Q) その他エクステリア (R) その他インテリア (S) その他の機能系パーツ

VWゴルフRヴァリアント

石渡 聡サン 46歳(東京都北区)

 スタコンの常連であり、以前はゴルフ5でスタイルアップに明け暮れていた石渡サン。4年前にこのヴァリアントに乗り換えて、ぐっと落ち着いたメイクに方向転換をしています。エンブレム類やテールレンズのペイントなどは以前と同様に積極的に行って、さりげなく個性を主張。今後の課題はマフラーだとか。

石渡 聡サン

(D)マクストンデザイン (F)アウディ純正 (J)スポーツテクニック・モノ7エクシード(8.5×19+45) (K)ファルケン・アゼニスFK510(235/35) (M)(N)iスウィープ (Q)ゴルフ8エンブレム アウディTT加工フューエルキャップ 各部ペイント (R)ピボット・ブースト計+OSIRメーターフェード

アウディRS6アバント

高塩好哉サン 45歳(東京都江戸川区)

 スタコン初登場であり、輸入車もこのRS6が初体験だという、初めて尽くしの高塩サン。探していたのはA6だったのですが、クルマ好きの仲間のアドバイスを受けて気がついたらRS6のオーナーになってしまった。それでも背中を押してくれたことには感謝。そうでもしないとこんなモンスターの入手はありえません。まずはマフラーに手を入れたいそうです。

高塩好哉サン

(Q)カーボンミラー (R)ドリンクホルダー

アウディQ7

大野俊一サン 49歳(千葉県野田市)

 すでにこの状態になっているQ7を手に入れて数ヶ月。カイエンのホイールやブレーキ、さらにはテールエンドなどを流用した、とってもマニアックな仕様で、あらためてこれを選んで買ってよかったと実感。今後はさらに自分好みのテイストを導入して個性的に仕立てていくとのこと。すでにアプトのエアロアイテムはショップに到着していてセットアップ待ちです。

大野俊一サン

(J)カイエンGTSターボ純正(10×21+55) (K)ピレリPゼロ・ロッソ(295/35) (L)カイエン純正 (O)カイエン純正テールエンド (Q)フェンダープロテクター ブラックエンブレム (R)Sラインインテリア移植

メルセデス・ベンツG500

小林 剛サン 44歳(東京都新宿区)

 以前はC5型のRS6でパンチのあるスタイルを楽しんでいた小林サン。スタコンにも登場しているので記憶にあるインプフリークもいらっしゃるはずです。そこからガッツリ方向転換してGクラスに乗り換えたのです。こちらはスピードを出さなくても存分に楽しめて、しかも家族の評判も上々。今後はマフラーのサイド出しを狙っています。

小林 剛サン

(A)ブレイブ (B)カーボンラッピング (G)カロッツェリア (I)カロ (J)G55純正ブラックアウト(9.5×18) (K)ヨコハマ・ジオランダ(275/60) (L)ディクセル・ローター/パッド (P)デジテック (Q)各部ブラックアウト 各部ラッピング G63グリル

BMW M3

三森 茂サン (埼玉県所沢市)

 E30から始まった三森サンのBMWライフ。E46はスタンダードなタイプとアルピナのB3、さらにM3と3台も乗り継いでいます。そのなかでもM3ではスタイルアップの魅力にも気づかせてくれてBMWの新たな魅力を発見。その勢いで手に入れたのがこのF80M3なのです。クールなフォルムと水色のボディカラーにぞっこんだとか。

三森 茂サン

(A)〜(D)3Dデザイン (I)Mパフォーマンス (M)(N)KW車高調Ver.3 (Q)3Dデザイン・カーボンミラーカバー (R)3Dデザイン・ペダルセット/フットレスト Mパフォーマンス・カーボンインテリア

アウディS1

中村 重サン (埼玉県越谷市)

 走りの質感を追求した硬派仕立てのS1。シブさ炸裂ですね。外観は足もとにリアスポイラー、そして左右4本出しから変更した「男の1本出し」のマフラーと手数はぐっと少なめですが、そのぶん機能系のアイテムを充実させています。RS4も所有しているアウディ通の中村サン、へらぶな釣りの腕前もなかなかのようです。今回は代理の山田サンが登場。

アウディS1

(D)一ツ山レーシング (E)アイロム (H)レカロ (J)SSR(9×17) (K)ヨコハマ・アドバンA050 (L)エンドレス (M)(N)KWコンペティション (O)ワンオフ (P)現車合わせ (S)グループMラムエアシステム ターボ&インタークーラー大容量化 4Hテック・ショートシフト レーシングライン・インテークパイプ ウェブトラックLSD オグラ強化クラッチ ハイスパークイグニッションコイル

BMW X2 M35i

森本俊彦サン (東京都足立区)

 今流行のSUVをスマートでクリーンに仕立てた森本サン。違和感が出ないようにさりげなさを重視して手を入れています。このバランス具合が大変気に入っているのです。このクルマ以外にもRS7をお持ちで、今後はそっちに本腰を入れて手を入れていくそうです。息子の俊哉サンと。

森本俊彦サン

(A)マックストンデザイン (E)オートテクニック・カーボンステアリングトリム (L)IDIパッド (M)(N)KW・ストリートコンフォート (Q)Mパフォーマンス・ミラー/フューエルキャップ (R) (S)ハイスパークイグニッションコイル メタルキャタライザー arcリヤタワーバー CPMロアレインフォースメント リジカラ

アウディA4アバント

鈴木結菜サン 27歳(埼玉県越谷市)

「父のお下がりなんです」という奥様の結菜サンがオーナーで、父親譲りのスタイルアップ好きに育ちました。親子揃ってフェンダーとタイヤのツラ具合を重視していて、本音はもっと下げたいとのこと。さらにマフラーも換えたいとスタイルアップ熱が止まりません。それをご主人の貴俊サンが静かに見守るという羨ましいご夫婦です。

鈴木結菜サン

(F)S1純正 (I)ホットフィールド (J)OZウルトラレッジェーラ(9×19+30) (K)ピレリ・ドラゴンスポーツ(245/35) (L)ディクセル・ローター (M)(N)ST車高調  (P)revo (Q)リアワイパーレス (S)リジカラ

アウディA5スポーツバック

宍戸克也サン 56歳(埼玉県川口市)

 ホイールのリムとフェンダーとのクリアランスを何よりも重視している宍戸サン。ツライチ具合でクルマの雰囲気は激変するからです。今後は楽しく走るために機能系を充実させたいそうで、コンピュータやインタークーラー、それにブレーキとやりたいことが山積みです。奥様の裕美サンとリンゴちゃんと一緒に。

宍戸克也サン

(C)S5純正ディフューザー (I)カロ・シザル (J)ベルサス・ベリエンスV.V.10M(9.5×20) (K)ファルケン・アゼニス(255/30) (L)RS5純正 (M)(N)フォクトランド (O)スーパースプリント (S)リジカラ

アウディA5スポーツバック

横島明洋サン 48歳(東京都板橋区)

 A3、 A4アバントとアウディを乗り継いで、現在のA5スポーツバックに行き着いた横島サン。まともにイジったのはこのクルマが初めてだそうで、スタイルアップの魅力を存分に堪能しています。ヤリ過ぎに注意してシンプルメイクで飽きのこないルックスに徹しつつ、今後は機能系の充実を図っていきたいとのこと。

横島明洋サン

(A)(D)バランスイット (I)ホットフィールド (J)ヴォッセンCVT(10×19+36) (K)ミシュラン・パイロットスポーツ4S(265/35) (L)ブレンボ+ディクセル・ローター (N)KW・HAS加工 (O)RDベース・テール加工 (Q)各部ペイント 各部ラッピング (R)RS純正パドルシフト (S)340モータースポーツ・フロントパイプ PPT

BMW M5

佐生 隆サン (大阪府和泉市)

 ガッツリと手を入れたパサート・ヴァリアントから2年前に知人から譲り受けたM5に乗り換えました。今度はオトナなスポーツセダンでシブく決めていきたいとのこと。不必要に派手にはしていきたくないし、パフォーマンスも現状で十分すぎるので大きな仕様変更はせずに、現状維持にウエイトを置いて楽しんでいくそうです。

佐生 隆サン

(A)不明 (D)不明 (J)OZアレス(9.5:10.5×20) (K)ミシュラン・パイロットスポーツ4S(255/35:285/30) (M)(N)KW

noteで書く

画像ギャラリー