お湯が沸かせるどころか電子レンジも使える! 災害時に圧倒的な強みを発揮する100Vコンセント付きのSUVとは (1/2ページ)

noteで書く
お湯が沸かせるどころか電子レンジも使える! 災害時に圧倒的な強みを発揮する100Vコンセント付きのSUVとは

この記事をまとめると

  • ハイブリッドやPHEVにはAC100V/1500Wコンセントが付いている
  • 車種によってはオプションだがあると便利な機能
  • 大自然のなかで電気が使える便利なクルマを紹介

いざというとき自家発電所として利用できる

 つまり、クルマの使用においてアウトドアシーン、眺めのいい場所、そして電源設備のないキャンプ場の区画などで威力を発揮してくれることになる。現地ではもちろん、移動中にパソコンやデジカメ、蓄電式湯たんぽなどの充電を行えるし、場所を問わずコーヒーメーカーや電子ケトル、電子レンジなどが使え、カフェタイムやランチタイムが可能になることから、クルマが“どこでもカフェ”にもなるわけだ。AC100V/1500Wで充電をしている様子

 とくに愛犬連れのドライブの場合、高速道路のSA/PA、観光地で愛犬同伴可能なカフェやレストランはなかなかない。とくに威力を発揮する事実を、愛犬と暮らし、愛犬とともにしょっちゅうドライブ旅行に出かけているわが家では、そのありがたみを以前から痛感しているところである。愛犬家には嬉しいラゲッジに用意されるAC100V/1500W

 そしてなにより、災害時に停電した時にも自家発電所として利用できる。災害・地震大国の日本においては、普段あまり使わなかったとしても、なにかあったときの一種の保険的安心装備でもあるのだ。

 それでは、国産SUVのなかに、AC100V/1500Wコンセント付きのクルマはどれだけあるのだろうか。ひと昔前は、トヨタのHVなど一部のクルマにしか用意されいなかったものの、今ではAC100V/1500Wコンセントが必要なら、選ぶ車種が限られる……なんていうことはない。セダン、ハッチバック、ワゴン、ミニバン、そしてSUVからも多数のAC100V/1500Wコンセントが用意されているクルマを選ぶことができるのだ。ラゲッジに用意されるAC100V/1500W

noteで書く

画像ギャラリー