ご近所さんとカブらない! よくある国産顔に飽きたオシャレ家族に選んでほしい7人乗り輸入ミニバン6選 (1/2ページ)

noteで書く
ご近所さんとカブらない! よくある国産顔に飽きたオシャレ家族に選んでほしい7人乗り輸入ミニバン6選

この記事をまとめると

  • 3列シート7人乗りの欧州製ミニバンを6モデルご紹介
  • 現在新車で買えるか、中古でタマ数のあるものをセレクト
  • いずれも走行性能&フィール、デザイン、使い勝手とも素性よし

シトロエン・グランドC4ピカソ(2代目)/グランドC4スペースツアラー

 先代、先々代と続いてきた「ピカソ」のペットネームが、ピカソ末裔との契約が終わってしまい、車名が「グランドC4スペースツアラー」に変更。それからどうも影が薄い感はあるが、いまだ現行モデルとしてラインアップしている。初期モデルでもとりあえず「グランド」と付いたら3列シート7人乗りだ。リッター20km前後は軽々というディーゼルらしい好燃費と、シトロエンならではの快適かつフラットで柔らかな乗り心地、採光たっぷりでソフトな雰囲気のインテリアは、旧さを感じさせない。

グランドC4ピカソは2018年からグランドC4スペースツアラーに改名

 実際、「ベルランゴ」を見に行って7人乗りだったから考えをあらためこちらに決めた、というファミリー層も少なくない。リヤドアがスライド式でなく通常の前ヒンジである分、ベルランゴの7シーターが登場したらいよいよ新車はフェードアウトかも。日本では3台目「ヴォクシー」が元祖とされるLED日中走行灯を上段に、ヘッドライトを下段に分ける上下2段マスクを、ほぼ同時期に採用しつつ独特の哺乳類マスクというあたりも、彼我の美意識の違いとして興味深い。今や中古は100万円前半から。

スタイルの良さを備えた7人乗りミニバン

プジョー5008(2代目)

 今現在、クラス問わず7人乗り選手権を開いたら、「メルセデス・ベンツGLS」や「BMW X5」、「ボルボXC90」や「ランドローバー・ディスカバリー」といった高級ブランドを含めても、間違いなく動的質感で3本の指に入るのが「プジョー5008」だ。というのも5008は7人乗りのクルマとして、その体躯の大きさを忘れさせるほどの運動神経を誇る。ステアリングフィールが軽快で回頭性が鋭く、しかも荷物や人数をフル積載してもその感覚が持続する。無論、走っていてサイズなりのどっしり感はある。とくに2Lディーゼルの180ps/400N・m仕様なら、高速道路での燃費は20km/Lで目算が立つ。

2代目プジョー5008は2017年デビューし2021年フェイスリフト

 初代5008は、スポ―ティなモデルしかラインアップしない、という方向性だった2000年代のプジョーが初めて手掛けたピープルムーバー、つまりミニバンだった。が、2017年からの2代目で「SUV」に進化、つまり「スポーツ」というキーワードが入り、「EMP2」という新開発プラットフォームを用いて俄然覚醒してしまった。とにかく週末の距離が伸びるというロングドライブ派のファミリーや、接待ゴルフ・エクスプレスを求めるビジネスマンに、ベストの選択肢だ。中古のディーゼルはまだ300万円オーバーだが、初期モデルの「アリュール」なら200万円台前半から狙えるようになってきた。

EMP2プラットフォームで走りが格段に良くなった

ルノー・グランセニック(2代目)

 日本へは2000年代後半に輸入された「ルノー・セニックII」のロングボディが「グランセニック」だ。初代ことセニックIは本国でバカンス・エクスプレスとして、1990年代後半にルノーの日産買収の原資といわれたほどのメガヒット・モデルだった。その後継だからさぞかしすごいのかと期待し過ぎると、肩すかしに遭う。

2代目セニックは2003年~2009年

 ロングホイールベースに柔らかいが造りの良いシート、広大なグラスエリアによる見晴らし視界の広さに、忠実かつ適度な剛性感のステアリングフィール。2L・16Vのエンジンに与えられた「F4R」という型式は、同時代に過激化していった「メガーヌR.S.」の「F4R」とは別物の131ps/191N・m。だが、どこをどう切り取っても尖りがなく中庸な、しかしルノーならではの黄金律というべきバランス感に満たされる。この時代、ルノーはユーロNCAP衝突で5つ星を獲ることを至上命題としており、パッシブセーフティでも高い信頼性を得ていたバカンス・エクスプレスとして、日本ではツウを中心に好まれた。

3代目と4代目のセニックは日本に導入されず

noteで書く

画像ギャラリー