ネオクラの最終兵器も登場! レイズの新作ホイールは今年も熱かった (1/2ページ)

noteで書く
ネオクラの最終兵器も登場! レイズの新作ホイールは今年も熱かった

この記事をまとめると

  • 東京オートサロン2022の会場でレイズの新作ホイールをチェック
  • ボルクレーシングから話題のネオクラスタイルのプロトモデルを披露
  • チームデイトナからはシャコアゲスタイルにピッタリのM8もデビュー

往年のグループAマシンの足元を現在の解釈で再現!

 ボルクレーシングでは、「21C」というコンペティショナルなモデルを昨年リリースしたが、今回の「21A」は共通の基本コンセプトを元に開発された。ポイントは「C」と「A」の違いにある。共通項はステップリムの存在で、懐かしのネオクラシックな雰囲気を足元に演出するスタイリングであること。ボルクレーシング21C/21A

 そして21Cが極太5本スポークのそれぞれにディンプル形状を取り入れた、往年のグループCカー用ホイールを彷彿とさせるデザインであるのに対して、21Aはクロスメッシュスポークデザインを採用。グループAマシンを想起させるスタイリングとなっている。ボルクレーシング「21A」

 また21Aは、ステップリム+鍛造1ピース構造こそ21Cと同様でありながら、現行型のスポーツカーとの相性も抜群な現代の解釈でリバイバルされている。センターサークルの各ロゴにはレイズの特許技術「A.M.T.(Advanced Machining Technology)」によりマシニング加工が施され、高級感を演出。人気のネオクラ車カスタムの最終兵器になり得る存在といえる。センターサークル(A.M.T.)

 ただし、今回のモデルはあくまでもプロトタイプとして出品されたもので、レイズの担当者によると発売は今年春~夏にかけてになる予定とのこと。愛車のリメイクでホイールの変更を検討している人は、少し待ってみるのもアリかもしれない。

ZE40タイムアタックの第三弾モデルもデビュー!

 さらにボルクレーシングの人気モデル「ZE40」にタイムアタックモデルの第三弾「ZE40タイムアタックⅢ」もお披露目された。特徴はなんといってもそのカラーリングだ。ボルクレーシング「ZE40 TIME ATTACKⅢ」

 これまでのタイムアタックエディションⅠとⅡでは、黒をベースに赤いアクセントカラーを取り入れてきたが、タイムアタックⅢではメタリックブルー/マットブラッククリアーを採用。ホイール単体で見るとかなり斬新な色合いにも見えるが、艶感をほどよく抑えたルックスは決して奇抜さを感じさせない絶妙なバランスが与えられている。ボルクレーシング「ZE40 TIME ATTACKⅢ」(DC加工)

 もちろん性能面もさらに追求され、センターホール部にDC加工を施し、剛性アップを図りながらも1本200gの軽量化と見た目のインパクトを表現している。サイズラインアップは17インチ(7J~9J)・18インチ(7.5J~10.5J)を設定。

noteで書く

画像ギャラリー