荷台部分がなんと「湯舟」に? ダイハツの軽自動車カスタムが「夢の塊」すぎた【東京オートサロン2022】 (1/2ページ)

noteで書く
荷台部分がなんと「湯舟」に? ダイハツの軽自動車カスタムが「夢の塊」すぎた【東京オートサロン2022】

この記事をまとめると

  • 東京オートサロン2022のダイハツブースからカスタム車両を紹介
  • モデルチェンジしたばかりの「ハイゼット/アトレー」が主役
  • キャンパー仕様は欲しくなるワンオフアイテムてんこ盛り

アトレーデッキバン キャンパーVer.

 昨年暮れにデビューしたばかりのS700系新型「ハイゼット/アトレー」も、ハードカスタムが施されて登場した。その姿がひときわ目を引いていたのは、なんと言っても新型「アトレーデッキバン」の「キャンパーVer.」でしょう。

ダイハツのアトレーデッキバン キャンパーVer.

 そもそも「デッキバン」はメーカーによるカスタマイズカーとも言える特装車で、スライドドアから後ろをバッサリと切り落とし、ダブルキャブのピックアップスタイルとなったボディが特徴です。しかし先代では商用バンの「ハイゼットカーゴ」のノンターボ車のみをベースとしていたため、乗用車感覚の居住空間や高速巡行性も求めるユーザーにとっては物足りなかったのも事実。そこで新型で登場したのが、乗用車感覚の内外装とターボエンジンを持つ「アトレーデッキバン」で、ファンにとってはまさに待望の1台です。

ダブルキャブのピックアップにロールバー、ルーフテントを装備

 それをベースにオリジナルのオールペイント&ラッピングを施し、フロントバンパー、「DAIHATSU」の特大エンブレムを掲げたグリル、そして荷台のロールバーといった「どうしてもこれを売ってほしい!」との声がいかにも聞こえてきそうなワンオフアイテムの数々を装着。

タフなフロントバンパーには大きなエンブレム

 スライドドアの窓部分にはロトパックス製のストレージバッグを装着、さらに屋根の上のGIWORK製ルーフラック&テントでキャンパー仕様に。なんと湯船にアレンジされている荷台部分も含めて、デッキバンの可能性を大きく広げています。なおこのアトレーデッキバン、ノーマル状態での新車価格は2駆で191万4000円、4駆で206万8000円。ニッポンのお父さんたちの新たな夢の1台となっております。

荷台部分はお風呂(?)に

noteで書く

画像ギャラリー