「軽自動車ってすげー!」と感動必至! 余裕で車中泊ができる最新KカーTOP5 (1/2ページ)

「軽自動車ってすげー!」と感動必至! 余裕で車中泊ができる最新KカーTOP5

この記事をまとめると

  • ここ数年でブームが起きているアウトドア・車中泊ブーム
  • 維持費も安くコンパクトカー以上の室内空間を持つ軽自動車に脚光が浴びている
  • プロ目線で見た車中泊向きの軽自動車をTOP5を選んだ

5位:ダイハツ・アトレー

 働く軽自動車(商用車)であり、2021年12月に新型が発売されたばかりのダイハツ・アトレーも車中泊に向いている。商用車用の新DNGAプラットフォーム、CVT、先進運転支援機能のスマアシを採用するとともに、後席を足元スペースに収めてラゲッジルームを拡大できる水平格納式リヤシートを設定。ダイハツ・アトレー

 ほぼ完全フラットで広々としたベッドスペースには、お座敷が出現。デッキサイドポケットなど、車中泊時のベッドまわりの収納も十分で、ポップアップ式リヤガラスは防犯効果もある換気用として重宝しそうだ。天井高は1215mmしかないのだが、横になることを最優先するとすれば、どうということはない。カーテンやマット類のアクセサリーも充実している。ダイハツ・アトレーのラゲッジルーム

4位:ホンダNーBOX

  これまた、アウトドアファン、車中泊ファンにとっては意外も意外な1台が、ホンダNーBOX。日本でもっとも売れている軽自動車でもあり、洗練されたスタイリング、インテリアデザインからむしろ都会っぽいイメージもあるのだが、室内高はアルファードと同じ1400mmである。ホンダN-BOX

 ホンダ独創のセンタータンクレイアウトによって、シートアレンジ性は秀逸で、低くアレンジすることも可能。前席を含めたフルフラットモードにはならないものの、前席のヘッドレストを外して倒し、リクライニングした後席とジョイントさせれば、仮眠もしやすいリラックスモードになるから便利なのだ。ホンダN-BOXのラゲッジルーム

 車中泊適性度100%とは言えないものの、ライトな車中泊にはそれなりに使えるはずである。くどいようだが、室内高1400mmはやっぱりすごいのである。

アウトドア&車中泊ブームで軽自動車に注目が集まっている。というのも、コンパクトカー以上の室内空間を持ち合わせていながら、維持費も安くクルマそのものが小さいので移動も楽ちんだからだ。ここでは、プロが独断でランク付けした車中泊向きのクルマを紹介しよう。