いまチューニングは「実用車」こそ熱い! クルマに興味ゼロの家族まで納得させる「ワークス系」ファミリーカー5選 (1/2ページ)

いまチューニングは「実用車」こそ熱い! クルマに興味ゼロの家族まで納得させる「ワークス系」ファミリーカー5選

この記事をまとめると

  • ベース車の魅力を高めたワークスコンプリートカーが人気
  • スポーツカーのみならずミニバンやSUVにも設定
  • 今ファミリーにおすすめしたいモデルを紹介

日産セレナAUTECH

 その筆頭が、Mクラスボックス型ミニバンの定番、日産セレナに用意されたAUTECHバージョンだ。そのAUTECHとは、日産車ベースのカスタムカーづくりから蓄積してきたクラフツマンシップを注入した、デザインはもちろん、走り、品質、機能までプレミアムを追求するプレミアムスポーツを志向するブランドである。

セレナの走り

 ガソリン車とe-POWERが揃うセレナAUTECHのエクステリアは、AUTECH発祥の地、湘南・茅ヶ崎の海と空の色をモチーフとしたオーテックブルー×ブラックルーフの2トーンボディカラーに塗られ、フロントグリルやエアロパーツ、ライト類はほぼAURECH専用品。

セレナのリヤビュー

 インテリアでも専用のブルーステッチ入りのブルー/ブラックコンビシートなどが特別装備されるほか、安全装備、先進運転支援機能なども充実している。さらにSPORT SPECグレードになると、専用ボディ補強、専用サスペンション、専用チューニングコンピューター、専用車速感応式電動パワーステアリング、専用VDC(ビーグルダイナミクスコントロール)にまで手が入った、まさにワークスコンプリートカーとなる。

セレナのインテリア

 それでいて、抜群の操縦性や安定感を誇りつつ、ミニバンとしての乗り心地の悪化は最小限。ファミリーカーとして使うのにまったく問題ない上質な乗り味を維持しているところに、ワークスコンプリートカーらしさがある。AUTECHにはそのほか、家族友人を乗せても高評価間違いなしのノート、ノート・クロスオーバー、キックスなどのAUTECHバージョンも揃っている。

日産ノートオーラNISMO

 せっかくのワークスコンプリートカーだから、もう少しスポーティなクルマがいい、というなら、ノート・オーラNISMOがある。オーラのプレミアム感をさらにスポーツ方向に昇華させたホットハッチと呼ぶべきスポーツモデル。レカロシートをオプションで用意するとともに、なんとドライブモードのエコモードが、ノート・オーラのスポーツモードというぐらい本気な仕様だ。

ノートオーラニスモのフロントビュー

 それでいて、家族や友人を乗せてもクレームのこない、高性能でありながら、専用化された強化ボディと足まわり剛性によって、スポーティながらフラットでスムースな乗り味を実現している。スポーツ度と実用性、快適性のどれもを望む欲張りなユーザーにぴったりの1台と言える。なお、2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞のノートシリーズの1台でもあるのだ。

ノートオーラニスモのリヤビュー

画像ギャラリー