超高級SUVのレクサスが「ガチ悪路」を走ることなんてある? 「LX600」に“オフロード”グレードが存在する至極全うな理由 (1/2ページ)

超高級SUVのレクサスが「ガチ悪路」を走ることなんてある? 「LX600」に“オフロード”グレードが存在する至極全うな理由

名だたる世界のオフローダーも真っ青なレクサスLXの悪路走破性

 ニッポンが世界に誇るエグゼクティブカーブランド「レクサス」。そのSUVシリーズのフラッグシップ「LX」が、年明け早々フルモデルチェンジを遂げた。ボディオンフレーム構造、リヤリジッドサスペンション、副変速機付きのドライブトレーンなど、ほかのレクサスのSUVシリーズと異なるスペックは、先代、先々代、そして初代以来の伝統。つまり、オフロード走破性をも意識したプロフィールがLXシリーズ最大の特徴だ。

【関連記事】軽キャンパーで4名就寝可能! トヨタ「ピクシストラック」ベースの「海仕様」キャンピングカーとは

LX600ボディオンフレーム構造画像はこちら

新型LXが従来モデル以上にオフロードを強調するワケとは

 今回新たに発売された「LX600」も、その伝統を頑なに守りながら進化を遂げたわけだが、その内容については、ここではひとまず置いておこう。ここで触れてみたいのはグレード構成についてだ。LX600ではふたつの新しいコンセプトのグレードが設定された。

【関連記事】軽キャンパーで4名就寝可能! トヨタ「ピクシストラック」ベースの「海仕様」キャンピングカーとは

LX600エグゼクティブ画像はこちら

 ひとつは4座独立シートを採用するなど、贅を極めた仕様の”EXECUTIVE(エグゼクティブ)”。これはレクサスのSUV最高峰モデルとして理解できる。問題はもうひとつ、”OFFROAD(オフロード)”というグレードの設定だ。LX600オフロードの悪路走破性(リヤ)画像はこちら

 オフロード性能について抜きん出た実力を持つLXだが、先代モデルまでそのパフォーマンスは敢えてアピールされてこなかった。ところが今回のLX600では、堂々と“オフロード性能”をグレード設定というカタチで主張する。その意味とは?

前後に独立するデフロックまで搭載する本気ぶり

 ちなみにLX600には、マルチテレインセレクトやクロールコントロールなど、本格オフロード4WDの「ランドクルーザー」にも匹敵するハイテクデバイスを搭載。またLX専用機能として、環境に応じて車高を調整できるAHC(アクティブハイトコントロール)サスペンションも用意された。LX600のマルチトレインセレクト画像はこちら そしてさらに、だ。“OFFROAD”グレードにはなんと、前後デフロックさえ標準装備するのだ! 前後輪のドライブシャフトを左右直結にしてしまうデフロックは、いわば究極のオフロードデバイス。 LX600オフロードのデフロック画像はこちら

 ランドクルーザーでは“伝家の宝刀”としてお馴染みの機能だが、まさかLXにまで……。しかも、とてもマニアックな話なのだが、前輪、後輪と独立してロックすることが可能だという。これ自体は先に発売されたランドクルーザー300のGRスポーツに採用された新しい機能。しかし、レクサスでここまでの機能が必要だったかどうか……。