人気の軽トラが1/43スケールで登場! インターアライドからWRブルーを身にまとった「スバル・サンバー トラック」が発売

人気の軽トラが1/43スケールで登場! インターアライドからWRブルーを身にまとった「スバル・サンバー トラック」が発売

初回以降の再生産はないので注意!

 模型メーカーのインターアライドから、同社オリジナルブランド”ハイストーリーシリーズ”の最新作としてレジン製1/43スケール「スバル・サンバー トラック」が2022年4月下旬に発売される。同ブランドはおもに、あまりモデル化されていないような、レアな国産車をミニチュアカーとして商品化している。

 スバル・サンバーシリーズは、1961年に発売してから2011年に50周年を迎えた。50年間の累計販売台数は約364万台にのぼり、商用車として多くの人から信頼されてきた証だろう。今回モデル化されたのは、特別仕様車の「WR BLUE LIMITED」と「TC」の2台だ。

「WR BLUE LIMITED」は、インプレッサWRXに採用されてきたWRブルー・マイカでペイント。さらに、専用のブラックシートを組み合わせている。ホイールナットにはクロムメッキ仕様としたほか、ターンレンズはクリアタイプとなっているのが特徴だ。

【関連記事】フェラーリ「テスタロッサ」が2億6500万円! 世界に1台のはずが、なぜ複数台存在する?

1/43スケールのスバル・サンバートラック画像はこちら

「TC」は、実車に採用されていたスターリングシルバー・メタリックとフロストホワイトの2色が、モデルカーでも用意されている。実物にはトリコット素材のダークブルー色のシートがあてがわれていたが、ミニカーでもきちんと再現されているので確認してほしい。1/43スケールのスバル・サンバートラック画像はこちら

 なお、本製品はディスプレイモデルで生産数には限りがある。また、初回以降の再生産はないというので注意が必要だ。価格は1万780円(税込)。全国の模型店やインターネットで予約することができる。

※画像は試作品ため、製品版とは異なる箇所があります。

【詳しくはこちら】
インターアライド

http://www.interallied.co.jp/