赤が定番の古い「アルファロメオ」を水色に塗ってみた! まさかの効果にオーナーもビックリ (1/2ページ)

赤が定番の古い「アルファロメオ」を水色に塗ってみた! まさかの効果にオーナーもビックリ

この記事をまとめると

  • クラシックカーにも国ごとの「定番」とされるカラーは存在
  • アルファを赤から渋めの水色に塗り替えた筆者
  • 「水色号」として親しまれ、水色つながりの輪が広がっている

クルマごとの「定番」ボディ色「ナショナルカラー」とは

 クルマのボディカラーを表す言葉として、「イタリアンレッド」、「フレンチブルー」、「ブリティッシュグリーン」、「ジャーマンシルバー」といった、クルマ好きにはお馴染みのモノがいくつも存在している。それらのルーツを探ると、創成期のF1グランプリなどを走っていたレーシングマシンの車体が「ナショナルカラー」に塗られていたという史実に辿り着く。

 クルマにおけるナショナルカラーとは、コンストラクターの国籍によって決められていた(習慣化されていた)車体色のことで、イタリアは赤、フランスは青、イギリスは緑、ドイツは銀または白、日本は白に赤丸(日の丸)といった色を採用していた。

 その名残で、いまでも自動車趣味人の間で顕在的、潜在的にナショナルカラーのイメージが息づいているが、それは新車のみならず旧車の世界でも健在だ。フェラーリやアルファロメオといえばレッド、アルピーヌといえばブルー、モーガンやMGといえばグリーン、メルセデス・ベンツといえばシルバーがいわゆる定番カラーとなっている。

国ごとに定番とされるボディカラーがある

車種も国籍も越えて「水色ミーティング」をやってみた

 いまでこそ筆者の愛機である1974年式「アルファロメオGT1600ジュニア」のボディカラーは水色だが、24年前に買ったときは御多分に洩れず定番カラーの赤だった。その後、魔が差して鈑金塗装時に白にしたことがあったが、ガレージ内にあった本棚の崩壊により、半年という短命で終了。2007年に、「シトロエン2CVフルゴネット」の色を参考として、グレーの成分が多い落ち着いた印象の水色で再度鈑金塗装してもらった。

24年前にはレッドだった筆者のアルファ

 旧いアルファロメオのなかではマイナーカラーだといえる水色にしてから今年で15年ということもあり、もはや、筆者の周囲でわが愛機のことを正式な車名である「アルファロメオGT1600ジュニア」と呼んでくれる人は皆無で、誰もが「水色号」として認識してくれている。その水色号は、以前、自動車専門誌でイベント参戦記や長期レポートを執筆させてもらっていたこともあり、ジワジワ認知度が上がり、大変ありがたいことにオンラインではなくリアルな世界での「水色ミーティング」まで開催することができた。

クルマイベントの片隅で水色オーナー同士が集まった

 長期レポートを連載していた自動車専門誌が大磯ロングビーチで実施したイベント内でのコンテンツのひとつとして行うことができた「水色ミーティング」では、自動車趣味の大先輩たちの協力により、「フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)」から「ランチア・ストラトス」まで、バラエティに富んだクルマを集めることができた。

ランチア・ストラトスからビートルまで、水色のクルマたちで交流

 この「水色ミーティング」以降は目立った活動ができていない。だが、「水色号」で参加することが可能なイベント(大小の走り系/展示系)や、「東京オートサロン」のような大規模な催しにお邪魔した際には必ずほかの水色旧車の写真を撮るようにしている。それが縁で仲よくさせてもらっているオーナーが増えてきた。そう遠くない将来にふたたび水色ミーティングを開催できると思うので、機会があればその模様を報告できるかもしれない。

東京オートサロン2022でも水色系の旧車をチェック

画像ギャラリー