旧車が便利で何が悪い! いまどきの旧車乗りなら装着してる「最近の装備」4選+α (1/2ページ)

旧車が便利で何が悪い! いまどきの旧車乗りなら装着してる「最近の装備」4選+α

長く乗るためにも維持するためにも必要な装備

 旧車と現在のクルマでは装備がまったく違うのは当然のこと。それがクルマの進化というものなのだが、時が止まったままというのもまた旧車の魅力だったりする。法律的には古いモデルではシートベルトすら付けなくていいとはいえ、旧車でも付けておきたい装備というのはいくつかあるのもまた事実。

 だが、旧車好きのなかにはパネルに穴を開けるなんてもってのほか、今風のものを付けるのすらもダメというオリジナル派もいたりする。雰囲気を壊すようなものはダメだろうが、安全性や快適性においては現在の装備を付けるのは十分ありだと思わせるものもある。そんな装備を集めてみた。

オススメアイテムその1:ドライブレコーダー

 いわずと知れた最近のヒットアイテム。旧車に乗っていて煽られることはあまりないだろうが、旧車で事故に遭うことは十分にありうる。大切な愛車の補償関係をはっきりとするためにも、ドライブレコーダーは旧車にも必須の装備と言っていいだろう。

【関連記事】20代男子、トヨタ「ランドクルーザー70」を買う! 4WD一家の娘さんと交際して「ランクル沼」にはまって開眼

ドラレコのイメージ画像はこちら

オススメアイテムその2:間欠ワイパー

 間欠ワイパーというのは比較的新しい装備で、登場したときけっこうな豪華装備だった。もちろんあれば非常に便利なのだが、旧車の場合、ローとハイ、つまり遅いと速いのふたつしか選べない。そこでおすすめが後付けのコントローラーで、今でも販売している。有名なのは電磁ポンプやホーンでお馴染みのミツバから出ているワイパーコントロールシステム。別途コントローラーが必要にはなるが、つまみによって間欠スピードも変えられるスグレモノだ。オリジナルのワイパースイッチの保護にもなる。

ワイパーのイメージ画像はこちら

オススメアイテムその3:ETC

 旧車だろうが現代のクルマだろうが、ETCは支払いのスムースさや料金の割引などのため必要不可欠なもの。さらに旧車の場合、窓をグルグルと開けてお金を払うのはさらに大変。MT車が当たり前なので、もらったお釣りをしまって発進するのもひと仕事だ。ETCを付けることで、スムースに通行できるだけでなく、ウインドウレギュレーター(クルクルするギヤ部分)の保護にもなる。

ETCユニットのイメージ画像はこちら