お金はない! でもクルマはイジりたい! 効果抜群な「安くて」「コスパに優れた」カスタム4つ (1/2ページ)

お金はない! でもクルマはイジりたい! 効果抜群な「安くて」「コスパに優れた」カスタム4つ

この記事をまとめると

  • 運動性能を高めるチューニングはお金がかかる
  • 費用対効果の高いカスタマイズ方法がある
  • 代表的な4つについて解説していく

高効率エアクリーナーフィルターへの交換

 まず有権者の皆さんにオススメしたいのは高効率エアクリーナーフィルターであります!! 純正のエンジンエアフィルターをもっともっと効率の良いものに交換するというチューニングだ。コスト的には3000~4000円ほどで、HKSやTRUSTなど有名メーカーのフィルターから発売されている。

トラストのエアクリーナー

 現代のクルマでは排気系パーツでの大幅パワーアップは厳しい。それでもマフラーや触媒を交換すれば、数字上のパワーよりもレスポンス面でかなりの効果はあるが、それ相応のコストも掛かる。ところがエアフィルターは投資が少ない割にエンジンレスポンスの向上と、数馬力の向上が望めることが多い。

 もちろん、汚れた純正フィルターからのリフレッシュ効果もあるし、高効率フィルターで抵抗が減る分の向上効果もある。ちょっとしたチューニングとして、まずオススメしたいのがエアクリーナーフィルターの交換だ。

ECUデータの書き換えで手軽にパワーアップ

 とにもかくにも現代チューニングにおいて、その根幹はECUチューンである。ECUの書き換えによってパワーもレスポンスも変えることができる。費用は国産車で10~15万円くらい。輸入車ではその倍くらいもすることがある。しかし、なんだかんだとコスパは良い。NA車で5~10%のパワーアップが可能で、ターボ車なら10~20%の向上も可能だ。

CPUセッティング

 また、アクセルレスポンスは各社で調整しており、より自然なフィーリングで走れる。この部分のメリットも大きい。コスパよくパワー系で仕上げるなら、エアクリーナーフィルターとECUでまとめるか、そこにマフラー交換まで含むかといったところ。スポーツ触媒までセットすればほぼ完成形である。

画像ギャラリー