軽商用EV「ミニキャブミーブ」のレジャー仕様がアツい! 話題のラリーアート仕様も並ぶ西日本三菱のブースに未来があった【大阪オートメッセ2022】 (1/2ページ)

軽商用EV「ミニキャブミーブ」のレジャー仕様がアツい! 話題のラリーアート仕様も並ぶ西日本三菱のブースに未来があった【大阪オートメッセ2022】

この記事をまとめると

  • 発売間近の軽自動車EVのコンセプトカーが関西初上陸
  • ついに復活した「ラリーアート」ブランドのコンセプトカー
  • 「ミニキャブミーブ」をベースにした快適ワーケーション仕様など

K-EVコンセプト Xスタイル

 2022年度初頭の発売が予定されている、新型軽EVのコンセプトモデルである「K-EVコンセプト Xスタイル」は、言うまでもなく「eKクロス」がベースとなっている。ガソリンモデルの給油口とは逆側に設けられた充電口と、丸型から角型にあらためられたフロントフォグランプ、そしてフロントフェンダーとリヤゲートに付けられた「EV」エンブレム以外はガソリンモデルとの差異は少なく、市販化目前であることが見て取れる。

K-EVコンセプト Xスタイル

「ラリーアート」はコンセプトとカスタム仕様が並ぶ

 2021年5月に復活がアナウンスされた「ラリーアート」ブランドからは、新しいラリーアートの可能性を表現した「ビジョン ラリーアート コンセプト」を展示。「アウトランダーPHEV」をベースとしたこのモデルは、重厚感溢れる前後バンパーと大きく張り出したオーバーフェンダーでボリュームのある力強いフォルムを実現した。

ビジョン ラリーアート コンセプト

 PHEVモデルということで、ラジエータシャッター付きのフロントグリルを備え、コンセントカーらしい近未来的なルックスとなっている。さらに、22インチという超大径のタイヤや対向6ポットのフロントブレーキなど、走りを想起させる装備も抜かりないのはさすがラリーアートといったところ。

復活したラリーアートのカスタム車や話題の軽EVが大阪オートメッセ2022の三菱ブースに登場

 そのほか、ラリーアート製のアクセサリーを多く装着した「ラリーアートスタイル」の「アウトランダーPHEV」と「エクリプスクロスPHEV」も展示。ラリーアートパーツの多くは参考出品となっていたが、完成度をみる限り市販化目前といったところで、両車両のオーナーは必見と言えそうだ。

復活したラリーアートのカスタム車や話題の軽EVが大阪オートメッセ2022の三菱ブースに登場

2月11日(金)〜13日(日)にインテックス大阪で開催されている「大阪オートメッセ2022」。大阪、愛知、岐阜、岡山、山陰、愛媛と幅広い地域を営業エリアとする「西日本三菱自動車」のブースには、話題のラリーアート仕様や軽EVコンセプトなどが展示された。