もはや絶滅危惧種の「ドアバイザー」! コロナ禍で再脚光を浴びていた (1/2ページ)

もはや絶滅危惧種の「ドアバイザー」! コロナ禍で再脚光を浴びていた

雨天時の喫煙ドライブに重宝する便利アイテム

 自動車の側面の窓の上部に備わる「ドアバイザー」。日本では当たり前のようにクルマに付いているこのパーツはいつから、そして、なぜ備わるようになったのだろうか? そんなルーツを探ると、コロナ禍の現代でも役立つ優れものアイテムであることがわかってきた。

そもそもドアバイザーって何?

「ドアバイザー」というパーツをご存知だろうか? その名の通り、ドアの上部についている庇(ひさし)のような形状のパーツだ。かつては写真のような金属製が主流だったが、現在ではほとんどがスモーククリアのプラスティック製となっている。このバイザーのおかげで、雨天時に換気のため窓を開けていても中に雨が入ってこない。これがドアバイザーのおもな役割だ。かつては喫煙者が多かったことから、車内換気のアイテムとして重宝され、普及したというわけだ。

【関連記事】ホイールの王者は「ワンピース」? 1分でわかる「マルチピース」との違いと構造ごとの特色とは

かつては金属製のドアバイザーが主流だった画像はこちら

多くのクルマにドアバイザーが備わる理由

 昨今は健康意識の向上によって、喫煙人口は急激に減少しているが、それでもなおドアバイザーを装着した車両が多いのはなぜなのだろうか? じつは国産車の多くは新車販売時に、フロアカーペットなどとまとめてひとつのセットオプションとして設定されていることが多く、おまけで付いてきてしまうことが多いのだ。

 ドアバイザーをよく見てみると、TOYOTAやNISSANといったメーカー名やCROWNといった車名のロゴが入っているケースが多い。こういったバイザーはほとんどがメーカーのオプション装着品と考えていいだろう。

 じつはこのドアバイザー、かつては輸入品がメインだったのだが、現在では日本ばかりでポピュラーな「ガラパゴス」アイテムとなっている。

ディーラーでオプションの定番となっている画像はこちら