まさにジムニーカスタムの最前線! オフローダーやキャンパー仕様まで魅惑の15台が集結【大阪オートメッセ2022】 (1/2ページ)

まさにジムニーカスタムの最前線! オフローダーやキャンパー仕様まで魅惑の15台が集結【大阪オートメッセ2022】

個性的なジムニーを紹介

 2月11日~13日までインテックス大阪で開催している「大阪オートメッセ2022」には、アウトドアのブームに後押しされ人気が続く、ジムニーのカスタムカーも数多く展示されている。なかでも2号館は本気のオフローダーからキャンパー、高級感あるエアロをまとったドレスアップ仕様まで、凝りに凝った15台ものJB64/74ジムニーが集結していた。

【PISTON WORKS】

 正統派というべきクロスカントリー仕様では、3インチのリフトアップに加えてライトバーやウインチを備え、オリジナルのチューブバンパーなどで武装した「PISTON WORKS シエラ Type クロスカントリー」。

【関連記事】ホイールの王者は「ワンピース」? 1分でわかる「マルチピース」との違いと構造ごとの特色とは

PISTON WORKSのジムニー画像はこちら

 そして、ベーシックな2インチアップでまとめた「PISTON WORKS ジムニー Type クロスカントリー」に注目だ。スズキ・ジムニーのカスタマイズカー画像はこちら

【ファイナルビースト】

 同じクロカン系ではトラストのターボキットでチューニングした、「ファイナルビースト クラッシュジムニー」も必見だろう。ファイナルビーストのジムニー画像はこちら

【オフロードサービス タニグチ】

 さらに名門プロショップ「オフロードサービス タニグチ」では、カヌーなどアクティビティの魅力を前面に出す「アクティブ ジムニー シエラ」を展示。スズキ・ジムニーのカスタマイズカー画像はこちら

 さらに、吸排気系や電装系のチューニングに力を入れた「スポーティ ジムニー」を出展した。スズキ・ジムニーのカスタマイズカー画像はこちら

【ジムケンタック】

 キャンピング系で目を引くのは「ジムケンタック」の手による、ルーフトップテントやサイドタープを装着した「ジムニーシエラ キャピング仕様」だ。車両にはハシゴがかけられており、テントの広さや細部の作りも確認できる。ジムケンタックのジムニー画像はこちら

【ハイブリッジファースト】

 ジムニーのカスタムで全国的に有名な「ハイブリッジファースト」では、さすがというべき完成度のJB64とJB74を送り込んできた。ハイブリッジファーストのジムニー画像はこちら

 いずれもシンプルな外見ながらバランスよくチューニングされ、エアロ/足まわり/マフラー/内装と参考にすべきポイントが多い。スズキ・ジムニーのカスタマイズカー画像はこちら

【4WD PROJRCT】

 展示車両を販売しているのは「4WD PROJRCT」の「DanGan!! コンプリートカー」で、1インチアップにオリジナルのエアロとマフラーを組んだライトなカスタムだ。4WD PROJRCTのジムニー画像はこちら