年に1度最高の時間が訪れる! 「お花見キャンプ」ができるオートキャンプ場10選 (1/2ページ)

年に1度最高の時間が訪れる! 「お花見キャンプ」ができるオートキャンプ場10選

この記事をまとめると

  • 桜の開花日に合わせてキャンプ場をリサーチしよう
  • お花見キャンプ、楽しむだけでなくマナーも大切に
  • お花見のできるオートキャンプ場を全国から厳選して紹介

開花日に合わせ予定を組んでいく

 厳しい冬を耐え忍び、草花たちが一斉に芽吹く春。西から訪れる桜前線に合わせてキャンプ場を選べば、美しい桜を愛でながらの至極のひとときが楽しめるはず。お花見は日本が誇る伝統的なアウトドアであり、季節を感じる素晴らしき行事なのです。

 日本人が愛する桜のなかでもっとも有名なのが「ソメイヨシノ」ですが、この桜は不思議な生い立ちを持ち、種ではなく継ぎ木や挿し木によって増殖されるクローン種。要するにすべてのソメイヨシノは同じDNAを持っているということであり、同じ環境で育ったソメイヨシノは開花に時間差がなく一斉に開花することで、見事な桜並木を作ると言われています。

 ということは、時間差なく桜が咲いてしまうために、キャンプ場選びは開花日に合わせてピンポイントで選ばなければ一番の見所を逃してしまうことになるので注意しなければなりません。また、桜には早咲きの河津桜や開花と同時に葉が芽吹く山桜など、数多くの種類があるので品種や開花時期をしっかりとリサーチしてキャンプ場を選びましょう。

エリアごとの桜の開花予想に合わせてキャンプのスケジュールを

浮かれてもマナーとモラルは忘れずに

 お花見は楽しいものですが、キャンプ場は多くの人が集うパブリックな場所だということを忘れないでください。お花見に「お酒」は欠かせないものですが、酔いがまわり過ぎて大きな声で騒ぐことやカラオケなどの行為はマナー違反。もちろん、枝を折ることや桜の木を独占するのは、マナー以前に人としてやってはいけないこと。

 夜桜見物も楽しみのひとつですが、深夜にキャンプ場内を歩き回ることや、就寝時間を過ぎてもランタンを煌々と灯し続けるのも、慎むべき行為であることを覚えておきましょう。

 そして、キャンプ泊とはいえ翌日に運転をする人は酒気帯び運転や飲酒運転にならぬよう自制することもお忘れなく。マナーとモラルを守るのは人として当たりまえですが、キャンプ場のローカルルールもしっかりと守り、お花見キャンプを楽しんでください。

夜桜を楽しみつつ、酒量や大声に気を付けたい

毛虫など虫刺されにも対策を

 最後にお花見キャンプでの注意点を……。ハラハラと散り桜の花びらは美しいものですが、テントやタープなどに挟まったまま収納してしまうと生地の変色や劣化の原因になるので、収納する前に花びらをしっかりと除去しておきましょう。

 また、桜(とくにソメイヨシノ)は開花の後半になるとアメリカシロヒトリなどの毛虫が大量に発生することも多く、テントの中や衣服に付着した毛虫に刺されてしまうことも少なくありません。もしも刺されてしまったら患部を擦らずに粘着テープなどで毒針毛を除去し、炎症を抑えるために氷などで冷やしてからステロイドが入ったかゆみ止めを塗りましょう。症状がひどい場合には病院などの医療機関を受診してください。そのためにもお花見キャンプには「かゆみ止め」と「保険証」を用意しておくことをおすすめします。

桜の木の下には毛虫もいることがある

画像ギャラリー