今年もスーパーGTマシンがインテックス大阪にやってきた! 迫力ある存在感が来場者を魅了【大阪オートメッセ2022】

今年もスーパーGTマシンがインテックス大阪にやってきた! 迫力ある存在感が来場者を魅了【大阪オートメッセ2022】

この記事をまとめると

  • 大阪オートメッセで人気のスーパーGTマシン展示
  • 今年は5台がファンを魅了
  • 間近でじっくり見学できる貴重な機会となった

3メーカーのGT500マシンが今年も並んだ

 会場にはGT500クラスが3台、GT300クラス2台が登場している。展示されているマシンは下記の通り。

GT500マシン
#90 GR Supra GT500
#23 MOTUL AUTEC GT-Rニスモ(2019年仕様)
#100 STANLEY NSX-GT(冬季テスト限定カラー)

GT300マシン
#61 SUBARU BRZ GT300
#6 Team LeMans Audi R8 LMS

 #6のアウディR8はホール3に展開しているスーパーGTブースに展示されていたが、そのほかの4台はインテックス大阪入ってすぐの屋外ブースに並び、ファンを魅了した。マシンのまわりにカンタンな柵が設置されているものの、近くまで寄って細部をじっくり見学することも可能。多くのファンが足を止め、普段は近くで見ることができないようなエアロの造形や、ブレーキまわりなど眺めて写真に収める姿が終始見られた。

GT500クラスのNSX

 そして、例年大阪オートメッセでは開幕戦前にスーパーGTマシンが集結し、キックオフイベントを行うのが恒例となっている。そのなかで、エンジン始動のパフォーマンスを行うのも恒例の人気イベントとなっていた。

GT500クラスのGT-R

 しかしエンジン始動パフォーマンスを行うとお客さんが密集してしまうこともあり、今回は残念ながら始動パフォーマンスは行われなかった。来年は、ふたたびインテックス大阪で迫力のエンジンサウンドを聞きたいものだ。

GT500クラスのGRスープラ

スーパーGTブースではグッズ販売なども展開

 ホール3に展開しているスーパーGTブースではマシン展示のほかに、スーパーGTグッズの販売や、スーパーGT公式ファンクラブの勧誘なども行われ、多くのレースファンが足を運んでいた。

スーパーGTブース

 スーパーGTでは自動車3メーカーの体制発表も済み、テストを開始しているチームも多く、その動向も気になるところだ。今後は公式テストなどを実施してから、4月16日(土)〜17日(日)に、岡山国際サーキットで開幕戦を迎える。

インテックス大阪に開催された大阪オートメッセ2022。毎年恒例になっている、人気レース「スーパーGT」が今年もやってきた。会場入口付近には、4台のマシンが展示され、多くの来場者が足を止めてじっくりと眺めていた。また、3号館にはブースも展開し、ファンで賑わった。