ラリーアート復活で沸くいま! そういえばマツダスピードとスズキスポーツってどこいった? (1/2ページ)

ラリーアート復活で沸くいま! そういえばマツダスピードとスズキスポーツってどこいった?

この記事をまとめると

  • 国内でも久しぶりにラリーアートが復活
  • そのほかにも最近聞かないワークスブランドがある
  • マツダスピードやスズキスポーツなどの今を解説

マツダスピードは競技用部品を手掛ける

 こうした流れで気になるのは、ラリーアート以外のかつてのワークスチーム。とくに復活が望まれるのはマツダスピードだ。1991年、マツダ787Bでル・マン24時間レースを制したマツダスピードは、1999年7月にマツダ本社に吸収され、事実上消滅……。

マツダ787B

 しかし、ブランド名はまだ生きていて、ロードスターパーティーレースの公認ロールバーはマツダスピードのもの。バケットシートやエアロパーツなどのパーツやアクセサリーにもマツダスピードの名前が使われている。

パーティレース仕様のロードスター用ロールケージ

 マツダファンとしては、パーツ類のブランドだけでもマツダスピードの名前が残るのはうれしいことだが、できればモータースポーツにもチームとして、組織としてカムバックしてほしい!

スズキスポーツのDNAを継承したモンスタースポーツ

 もうひとつはスズキスポーツ。スズキスポーツは厳密にいうとスズキのワークスチームではなく、ダートラ界のレジェンド、モンスター田嶋こと田嶋伸博氏が1986年に設立した会社だ。2002年から『スズキ イグニス Super1600』でJWRC(ジュニア世界ラリー選手権)に参戦し、スズキのセミワークスのような立場でモータースポーツ活動を行っていた。

WRCに参戦したスズキ

 2007年からはスズキ本社の資本も入り、WRCでも戦っていたが世界的な景気低迷の影響もあり2009年でWRCでの活動を休止。2011年に株式会社アイアールディー(IRD)に社名変更となり、そのIRDも2015年に田嶋伸博氏が代表取締役会長兼社長を務める株式会社タジマモーターコーポレーションに吸収合併された。

 以後、「SUZUKI SPORT Racing」は「MONSTER SPORT」にブランド変更している。
MONSTER SPORTでは、スズキ車オンリーではなく三菱、マツダ、トヨタ、日産、ホンダ、スバル、輸入車などのパーツも開発、販売しているが、メインはやはりスズキ車。エアロやマフラーなどの機能パーツだけでなく、スイフトやジムニーのコンプリートカーも作っている。しかし、「スズキスポーツ」というブランド名は、過去のものになってしまった……。

モンスタースポーツのジムニー

自動車メーカー直系で、モータースポーツ参戦やカスタマイズアイテム開発を担当するワークスブランド。最近では三菱自動車のラリーアートが復活し話題となった。そのほかにも最近聞かないワークスブランドがある。今はどうなっているのだろうか? 解説していく。