「カブリオレ」「スパイダー」「ロードスター」などオープンカーの呼び名多すぎ! というわけで語源を探ってみた (1/2ページ)

「カブリオレ」「スパイダー」「ロードスター」などオープンカーの呼び名多すぎ! というわけで語源を探ってみた

この記事をまとめると

  • クルマのボディ形式の多くは馬車の時代にさかのぼる
  • 「カブリオレ」や「ロードスター」などの語源を解説
  • 「スパイダー」の由来はかなり複雑

ちょっと高級感の漂う「カブリオレ」

 まず「カブリオレ(cabriolet)」は、一説によれば17世紀にフランスで発明された「簡便な」2輪馬車のこと。とはいえ、何なれば2頭か4頭だてで4輪、4座かつ屋根付き馬車の「ベルリーヌ」が、デフォルトで移動の道具だった人々にとっては簡便というだけで、庶民はむしろ荷車の荷台かロバの背中に腰かけられたらモビリティの恩恵に預かっている、と言えるような時代だった。ようは軽快で瀟洒、かつクラス感のある呼び名が、「カブリオレ」というワケだ。

1834年にイギリスで描かれた馬車の「カブリオレ」

 ちなみに「cabriolet」の由来はラテン語の「capra」(=母羊に連れられた幼い羊)に由来し、そうした子羊がぴょんぴょん軽快に跳ねている様を「cabriole」、さらに矮小化の接尾辞である「t」を付けて「cabriolet」となったといわれる。それが長じて、2座の小さな屋根の開く自動車を指すようになったのだ。

フォルクスワーゲン・ザ・ビートル・カブリオレ

本当に「馬」の呼び名だった「ロードスター」

 また「ロードスター(roadster)」はアメリカ起源の言葉で、19世紀に長距離行に向いた馬を指してそう呼ばれていたものが、徐々にバイクや自動車を表すようになっていった。

かつてノーフォーク・トロッター/ヨークシャー・トロッターという品種の馬が「ロードスター」と呼ばれていた

 20世紀前半にはモータースポーツのクラス分類にも使われ出したが、概して座席が1列のみ、屋根がないか簡易な幌屋根をもつツーリングカーのことだった。よってロードスターにはつねに、グランドツーリングのニュアンスが漂う。

日本でロードスターといえばマツダ・ロードスター

「クーペ」とセットの「コンバーチブル」

「コンバーチブル(convertible)」は屋根アリ/ナシどちらにもなる、という意味で、屋根が「2WAY」であること、あるいは「クーペ」に対してオープンのボディが用意されたモデルにも付けられやすかった。「シボレー・コルベット」などは、クーペに対するコンバーチブル、という典型だ。

シボレー・コルベット・コンバーチブル

 今では考えにくいことだが、アメリカあたりではワゴンの屋根、つまり荷台の部分だけ屋根を下ろして開けられるようなモデル(リトラクタブルルーフと呼ばれることもある)が1960年代半ばぐらいまでは多々あった。これは幌馬車の時代からの名残りで、常設の覆い屋根が付いたものは「ワゴン」や「エステート」に、荷室が開けたままのものは「ピックアップトラック」に、さらにキャビンのルーフと同じ高さのシェルでカバーしたものが「SUV」になったといえる。

1963年のスチュードベーカー・ラーク・ワゴニア

「カブリオレ」に「ロードスター」に「スパイダー」に「コンバーチブル」など、なんでオープンカーには、こんなに呼び名がいっぱいあるのか? ひと言でいえば、オープンカーを含む今日の自動車のボディ形式は多かれ少なかれ馬車、つまり「コーチ」から始まっている。