すでに闘いは始まっている! ブームで熾烈極まるGWのキャンプ場予約の必勝法6つ (1/2ページ)

すでに闘いは始まっている! ブームで熾烈極まるGWのキャンプ場予約の必勝法6つ

まだ間に合うGWのキャンプ場予約の裏技を紹介

 多くのキャンプ場は2カ月〜6カ月前に予約を開始することが多く、ノンビリしていると待望のGW(ゴールデンウイーク)の予約が取れずに途方に暮れる……、なんてことにもなりかねません。そこで、今回はGWに予約を勝ち取る必勝法をご紹介いたします。

10連休も可能な令和4年のゴールデンウィーク

 2022年が始まった……と思っていたら、すでに春の声が聞こえる季節になってしまいました。今年のGWは3連休が2回あり、その前後を平日がはさむ飛び石連休になっています。土曜日をお休みできると考えると、4月29日(金)の昭和の日から5月1日(日)の3連休、5月3日(火)の憲法の日から5日(木)のこどもの日までの3連休ということです。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

令和4年5月のカレンダー画像はこちら

 もしも5月2日(月)と5月4日(金)にもお休みが取れるのであれば、最長10連休にすることも可能となり、キャンプ場が大混雑になる可能性も考えられます。またコロナ禍の影響もあり、人数制限やテントの張数制限を行うキャンプ場が増えることも予想され、早めの行動がGWのキャンプ場を獲得する鉄則になることは間違いありません。

必勝法01:キャンセル料が発生する直前が狙い目

 GWのキャンプ難民にならないためにも、予約を早めに取ることが最も重要なポイントです。そのためにもGWに向けた仕事のスケジュール管理を徹底し、しっかりと休める日程を確定しておきましょう。また、狙い目のキャンプ場の予約が一杯であれば、そこで諦めずにキャンセル待ちをお願いするのもひとつの手です。キャンセルポリシー画像はこちら

 ライバルのなかには複数のキャンプ場に予約を入れておき、そのなかから自分に合ったキャンプ場を選ぶ人も少なくありません。とくにキャンセル料を取らないキャンプ場では「とりあえず予約」している場合も多く、キャンセルが出る可能性が高いということです。

必勝法02:予約開始日の情報を整理しておく

 キャンプ場の予約は2カ月、または3カ月前が多いという例は前項でもお話ししましたが、開始日で多いのがその月の「1日」または「利用日」という場合です。要するに2カ月前から予約を受け付ける場合には、GWの5月3日から利用する場合の予約は3月1日、利用日とするならば3月3日からということになります。キャンプ場の予約サイト画像はこちら

 ということは、6か月前の予約であれば、昨年の11月1日、または11月3日からすでに予約が始まっているということですから、今から予約を始めても勝率は限りなく低い可能性があるのです。これから予約をするのなら、予約開始期間が短いキャンプ場を選んでチャレンジすることが、確率を上げる方法のひとつになるということです。

必勝法03:冬季閉鎖など休業からの再開日を狙う

 次に狙うべきは通年ではなく、本格的な春からオープンするキャンプ場を狙うこと。休業中に予約を受け付けてないキャンプ場ではオープンとともに予約を始める場所もあり、予約開始日だけでなく受付開始時間をしっかりと確認し、受付時間と同時にアポイントメントを入れることが予約を勝ち取る有効な戦術になるのです。冬季閉鎖のキャンプ場画像はこちら

 また、電話予約日の一日前にネット予約を受け付けるキャンプ場もあり、ネット予約の場合には日付が変わった瞬間にアクセスすること。その日ばかりは眠いとか面倒臭いと考えず、積極的にチャレンジしましょう。