「春」はOK! 「夏」は意外に厳しい! 初心者のキャンプデビュー「正解」はいつ? (1/2ページ)

「春」はOK! 「夏」は意外に厳しい! 初心者のキャンプデビュー「正解」はいつ?

四季折々の魅力があるがどこから始めるべきか……

 もう少しで寒い冬も終わり、待望の春がやってきます。そんな新たなシーズンの始まりとして「キャンプに挑戦してみよう!」と思っている人も多いのはないでしょうか? 最近ではコロナの影響もあり、密にならないアウトドアが注目されていますが、初心者にとって「どの時期から始めるべきか」という素朴な疑問を解決するため、今回はキャンプを始めるべきベストシーズンを考えてみたいと思います。

 日本には豊かな四季があり、春夏秋冬を問わず美しい風景を楽しむことができます。しかし、キャンプとなると話は別。雑誌の記事やイメージで考えるキャンプは経験者だからこそ楽しめるものが多く、初心者が過酷な季節に挑戦すると痛い目に合うことも少なくありません。初心者にとってキャンプを始めるべき最適な季節を選ぶには、「消去法」で考えることがもっとも有効になることを覚えておきましょう。

春:気候的には穏やかでも花粉症の人は注意

 新生活が始まる春。寒い冬が終わりを告げ、草花が芽吹き始める3月から5月はもっとも過ごしやすい季節でもあり、キャンプを始めるにはおすすめのシーズンになります。

【関連記事】キャンピングカーをDIYで自作できる!? 「バンライフ」のためのシェアガレージ「Mobi Lab.」とは

春のキャンプ画像はこちら

 ただし、注意してほしいのは、現代人に多い「花粉症」を患っている人は、自分が免疫反応を起こす花粉をしっかりと把握しておくこと。キャンプ地の近くにスギやヒノキ林など、アレルゲンの元になる植物が生えていないことを確認しましょう。

梅雨:テント外のアクティビティを楽しめず不向き

 6月は梅雨シーズンを迎えることもあり、初心者キャンプには不向きの季節。ジメジメと降りしきる雨のなか、テントから出ることなく過ごす時間に苦痛を感じることでしょう。自由に活動することができず、楽しみにしていたBBQもできない雨のキャンプは初心者に向いている季節とはいえません。また、北海道のように梅雨のない地域を選ぶことで問題は解決しそうですが、最近の異常気象の影響もあり、北海道も6月は雨が多いので注意してください。

雨のキャンプ画像はこちら

夏:暑さをしのげる高原や山上湖畔を選ぶべし

 梅雨が明け、夏の到来を告げる7月。猛暑・酷暑を迎える前のわずかな数日間だけがピンスポットでキャンプが楽しめるシーズンになります。8月に入ってしまうと気温がグングンと上昇し、日射病、熱中症、脱水症状、そして日焼けなどに悩まされることに……。

高原のキャンプ画像はこちら

 夏は「海水浴=キャンプ=夏休み」というイメージがありますが、キャンプと海水浴は別に楽しむものと考えたほうがベター。夏にキャンプを楽しむのであれば、避暑地と呼ばれる標高の高い高原や山上湖畔を選び、日陰の多い林や森のある場所を選ぶのがポイント。しかし、森や林の多い場所は虫も多く、防虫対策をしっかりと行うことも必要になります。