レースで得たノウハウを投入! スポーティさ際立つ広島マツダ「HM RACERS」が手掛けたマツダ3【大阪オートメッセ2022】

レースで得たノウハウを投入! スポーティさ際立つ広島マツダ「HM RACERS」が手掛けたマツダ3【大阪オートメッセ2022】

Mazda3の良さを引き出すカスタマイズに注目

 2月11日から13日の日程で開催された大阪オートメッセ2022。広島マツダのモータースポーツ部門であるHM RACERSは、レース活動だけでなくカスタマイズパーツも展開しています。そんなHM RACERSは大阪オートメッセにオリジナルパーツを装着したMazda3を展示。派手なカスタマイズが施されたほかの展示車両とは違い、シンプルで大人のカッコよさが引き立つ仕上がりとなっていました。

見た目も機能もユーザーフレンドリーさも

 今回展示されていた『MAZDA3(HMR特別仕様車)』は、HM RACERSが考える“理想の走り”を形にした車両。見た目でわかる外装パーツはもちろん、機能パーツも装着していて、シンプルなカスタマイズながら中身もしっかりとアップグレードされた通好みの仕様となっています。

 エアロパーツはMazda3が持っている本来の美しさを崩さないようにデザイン。HM RACERSオリジナルのフロントリップ、サイドステップ、リヤスポイラーは純正プラスアルファのレーシーさを演出しています。また、これらのエアロパーツはスーパー耐久に参戦しているHM RACERSが、モータースポーツの現場で培ってきたテクノロジーをフィードバック。見た目だけでなく、機能的な面でもこだわって設計したそうです。

【関連記事】失敗しない用途別チューニング「三種の神器」とは? サーキット派とストリート派で違う最初のパーツをお教えします

HM RACERSのマツダ3リヤビュー画像はこちら

 また、価格をリーズナブルに抑えることも考えているほか、広島マツダが母体にあるということもあり、装着しやすいように純正オプションと同様の取り付け方法にするという配慮もなされています。そのため、他ディーラーへの業販も行っているとのことで、とてもユーザーフレンドリーなエアロパーツであると言えるでしょう。

機能系パーツにも注目

 エアロパーツ以外に、オリジナルの車高調整式サスペンションや大型のブレーキキャリパーなども装着されています。乗り心地を確保しながら、気持ちよくワインディングを走れることを目標としたサスペンションは、スーパー耐久ドライバーとともに走行テストを繰り返したとのこと。車高もノーマル比30mmという程よい落とし具合となっています。さらにディーゼルモデル対応のサブコンやスポーツマフラーも装着されていて、動力性能も向上。走る、曲がる、止まる走りに関するすべての性能が総合的にバージョンアップしています。

 走りの良さに定評のあるMazda3ですが、今までカスタマイズ市場ではあまり目立つことはありませんでした。Mazda3の良さをさらに引き出して、人とは違う性能やルックスをさりげなく手に入れたいというオーナーにとって、HM RACERSのパーツ類は注目すべきアイテムと言えます。大人カッコいいMazda3を目指すならば、このデモカーは要チェックです。