「M2 CSレーシング」ワンメイクレースが日本で開催決定! アジア初となるBMW公式の本格レースに注目 (1/2ページ)

「M2 CSレーシング」ワンメイクレースが日本で開催決定! アジア初となるBMW公式の本格レースに注目

この記事をまとめると

  • 最新のサーキット専用モデル「BMW M2 CSレーシング」
  • M2 CSレーシングによるワンメイクレースが2022年に初開催決定
  • 全国のサーキットで全10戦が行われる予定

サーキット専用モデル「M2 CSレーシング」とは

 レースのエントリーモデルとして好評を博した「BMW M235i/M240iレーシング」の後継モデルとして、「BMW M社」と「BMWモータースポーツ」が開発したサーキット専用モデル「M2 CSレーシング」は2021年6月に発売。レースシーンでの高いパフォーマンスを発揮しながらも、扱いやすい車両サイズと価格によって、カスタマー・レーシングにおけるエントリーモデルと位置づけられている。

2021年6月に発売されたサーキット専用モデルM2 CSレーシング

 3.0L直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンや、モータースポーツ専用のソフトウェアにより制御される7速DCTを搭載し、最大トルク550Nm/2350rpm~5500rpmを発揮する。最高出力は、各レース規定に基づき280~365psの間に設定可能であり、車両購入後に個人でパーツなどを追加することで、最高出力450ps/6250rpmまでチューンアップすることも可能。ベースバージョンと同時に、すでに450psまで引き上げられたバージョンも販売される。

エンジンパワーは280ps~450ps

 エンジンパワーのコントロールは、「パワー・スティック」と呼ばれるUSBによって調整でき、レースごとに設定されるBOP(性能調整)に応じて、パフォーマンス・レベルのプログラミングと呼び出しが可能となっている。また、「M2 CSレーシング」専用に製造されたドライブシャフトや、タイヤの左右回転差を抑制するプリロード型の個別冷却システムを備えた機械式LSDが標準装備されている。

エンジンパワーやパフォーマンス・レベルは調整可能

 この「BMW M2 CSレーシング」はBMWジャパンにより輸入され、BMW Mモータースポーツ・ディーラー「株式会社モトーレン東都」にて販売される、日本においてはBMW初となるカスタマー向けサーキット専用モデルだ。購入などの問い合わせは、モトーレン東都にて受け付けている。

 参考までに昨年6月発表時点での希望小売価格は、ベースバージョンが1499万円、450psバージョンが1799万円だ。

足まわりにも専用装備

サーキット専用車両「BMW M2 CSレーシング」による、日本で唯一のBMWジャパン公式レース「M2 CSレーシング・シリーズ」が、2022年年4月に宮城県「スポーツランドSUGO」にて開幕。日本全国の国際サーキットで全10選が予定されている。