セリカ・カムリ! サニーベースのローレル! 名前に違和感アリアリの派生車たち (1/2ページ)

セリカ・カムリ! サニーベースのローレル! 名前に違和感アリアリの派生車たち

懐かしの派生モデルを振り返る

 今回の記事のキッカケは、セリカ・カムリのカタログが出てきたことだった。セリカ・カムリは1980年1月、当時のトヨタカローラ店で扱うセリカの4ドアセダン版として登場したモデル。ただしその実態はセリカというよりもセリカの兄弟車、カリーナ・セダンの顔違いだった。

トヨタ・セリカ4ドア・カムリ

 それまでトヨタカローラ店のセダンの持ち駒はカローラ・セダンが中心……というか最上級だったが、その上位モデルを設定するために投入されたのが、セリカ・カムリ(正確にはセリカ4ドア・カムリ)だったのだ。のちにセリカのノッチバック版のカナダ仕様が、コロナ・クーペとして日本市場に投入されたことがあったが、手法としては同じと考えていい。

【関連記事】33年で77万キロ走破! 新車で買ったトヨタ「ランドクルーザー70」を今も毎日乗り続けるオーナーに聞くランクルの魅力とは

トヨタ・セリカ4ドア・カムリ画像はこちら

 今にして思えば、あのトヨタ2000GTや初代セリカXXと同じ“T字型”デザインのフロントグリルは、じつにトヨタ車を象徴するマスクでよかったではないか! と思う。だが、発表時には確か当初はカリーナのようにDOHC搭載のGT系の設定がなく、大人しめのエンジンラインアップだったため、若かりし(!)当時の筆者の心にあまり響いていなかったようだ。

 その証拠に手元にあるのは本カタログではなく、ふたつ折りのリーフレットとトヨタカローラ店の総合パンフレットのみ。だが、その総合……のほうには18R-GEU型搭載のGTの登場が紹介されており、前述のとおり「なるほど、GTはあとから追加されたのか」とわかる。“男30、GTアゲイン。”の見出しは、「このコピーを書いたのは誰だ、出てこい!」レベルだが……。懐かしの「いぶし銀」派生モデルを振り返る画像はこちら

 とはいえベースのカリーナセダンに対して、何となくより大人なキャラクターに差別化されたクルマではあった。懐かしの「いぶし銀」派生モデルを振り返る画像はこちら

日産ローレルスピリット

 大人の雰囲気といえば、日産ローレルスピリットもそう。何しろこのクルマのベースはサニーなのであった。日産ローレルスピリット画像はこちら

 別にサニーを卑下する気持ちはまったくないが、車名からして、ローレルの精神とはいったい何事? と、当時、内心では思っていたことは確か。ただし実車は、なるほどローレルと見紛う(笑)ほどの立派な格子状のメッキのグリルが付き、訴求モデルはやはりローレル同様の2トーンのボディカラーを纏っていた。懐かしの「いぶし銀」派生モデルを振り返る画像はこちら

 内装もローレルといえばルーズクッション風のシートがおなじみだったが、さすがにそこまでは到達できなかったようだ。しかし、ドアトリムの一部にシートと同素材の表皮が貼られているなど、プチ豪華仕様。リヤウインドウに“パワーステアリング付”のステッカーが貼られていたりし、当時を忍ばせる(ローレルスピリットのカタログは昭和57年のもの。下はサニー)。懐かしの「いぶし銀」派生モデルを振り返る画像はこちら