「クルマ談義」に花が咲けばいい! 実体験から語る至極簡単な名車の条件とは (1/2ページ)

「クルマ談義」に花が咲けばいい! 実体験から語る至極簡単な名車の条件とは

語り継がれる名車にはメーカーが異なっても共通項がある

 これまでに所有した愛車を振り返ると、メーカーはまったく違っても共通する名車と呼べる所以があることふと思い出した。個人的な体験談で考えると、初代「いすゞピアッツァ」と日産「R32スカイライン」は自分のなかでは重なるものがあるような気がする。そこで思いついたのがスタイリングとファンの熱量。デザインの専門家ではないが、元オーナー目線で考えてみたい。

初めての愛車はスタイリングに惚れて購入した初代ピアッツァ

 まず初代ピアッツァだが、元になった有名なコンセプトカーやデザイナーについては有名すぎるので割愛させていただくが、とにもかくにもそのスタイリングが美しい。後輪駆動で5速MTのクルマが欲しくて、学生時代に必死でアルバイトして、1983年以降のドアミラー仕様を中古車雑誌で見つけて購入した。

【関連記事】昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました

初代いすゞピアッツァのフロントスタイル画像はこちら

 2オーナーで走行距離も進んでいた個体だったため、当時の自動車雑誌で評価されていたようなボディ剛性などなど、走りの面ではベストな個体ではなかった。だが、その美しいスタイリングは多くの人が賛同してくれるだろう。別に荷物がたくさん積めるワケではないし、グレードは「XE」であったので、走りの面もピアッツァで話題となった「ハンドリングバイ・ロータス」でもない、経年した中古車だ。

 だがそのスタイリングは素晴らしく、初めての愛車ということで「マイカーのある生活」を実現できた喜びもあって、とても充実した日々を送ることができた。

クルマ談義に花を咲かせることができるのも名車たる所以か!?

 いまと比べると、昔は近所にコイン洗車場がたくさんあり、洗車しているとたまに話しかけられることもままあった。内容は「昔、欲しかったんだよね」とか「以前、乗ってたんだ」、「キレイにしているねぇ〜」といった言葉であり、クルマ談義といったら友人との井戸端会議がほとんどだったから、『クルマ好き同士ならこうして話しかけてもいいんだ』なんて覚えたものだ。コイン洗車場画像はこちら

 現在でもまれに、サービスエリアなどで過去に乗っていたクルマに遭遇すると、「昔、僕も乗っていました」とか「〇〇年代のクルマなのにすごくキレイですね」などと、同じクルマ好きとして素敵な時間を共有できることがある。お互いに名前も年齢もクルマ遍歴も知らない者同士だが、このちょっとしたコミュニケーションが嬉しかったりする。

 昨今でも自分が乗るクルマの車体色が珍しかったりすると「その色は純正ですか?」と聞かれることもあるし、逆に自分がレアな車種を見つけたときに、例えば「オッ! ピアッツァじゃん!!」と声に出してしまってオーナーの方に聞こえてしまい、数分程度言葉を交わすことがある。

 これはピアッツァによる原体験がそうさせるのだろうし、美しいクルマが繋いだ縁が話しかける敷居を下げさせてくれたと言える。つまりピアッツァはそういうクルマであった。

その昔欲しかった4ドアのR32スカイラインを購入

 そして捉え方は人それぞれだが、R32スカイラインもそれに近い。当時、自損事故で泣く泣く愛車とお別れすることに。感傷に浸る時間がないほどすぐにクルマが必要であったことから、足になるクルマとして使える後輪駆動のMT車を探していた。幸い自動車ディーラーに勤める友人のツテで下取り車として入庫したR32スカイラインGTEタイプXVが見つかった。R32と言えば、GT-Rを筆頭にGTS-tタイプMを思い浮かべるかと思うが、このクルマには2L直6 SOHCのRB20E型エンジンが搭載され、上級グレード同等の装備を持った珍しいモデルであった。

R32スカイラインGTS-tタイプMセダン
画像はこちら 写真はGTS-t Type M

 このR32スカラインGTEタイプXVはまさに新車時に欲しかったモデルで、結果的に購入に至らなかった理由は乗り降りの大変さや荷物が積めないから。R32スカイラインは、当時ではすでに当たり前になっていたバンパーレベルから開くトランクよりもボディ剛性を重視していたため、トランクの開口部が狭く控えめとなり、荷物の載せ下ろしなどの利便性はあまり良くなかった。理由は、居住性やユーティリティ性よりも走行性能を重視した結果で、それ故に祖父母を後席に乗せることの大変さからR32スカラインは選べなかったと言うわけだ。そのときとは状況が変わり、幸か不幸かその昔欲しかったクルマを手に入れることができた。