当時のアイテムを現代流にアレンジして復刻! エキゾーストの雄「フジツボ」は旧車乗りの強い味方だった

当時のアイテムを現代流にアレンジして復刻! エキゾーストの雄「フジツボ」は旧車乗りの強い味方だった

この記事をまとめると

  • ノスタルジック2Daysに出展したフジツボ
  • エキゾーストのスペシャリストは旧車用も用意
  • SA型RX-7のデモカーを展示し来場者へアピール

旧車のエキゾーストシステムにも注力

 新型のスポーツモデルが登場すると、早いタイミングで開発しラインアップに加えるフジツボ。しかし、近年は旧車系のエキゾーストシステムにも力を入れています。今回の展示では実際にエキゾーストシステムを装着したSA22Cだけではなく、AE86やS30Z、R32スカイラインGT-Rのエキゾーストシステムも展示されていました。

R32GT-R用フロントパイプ

 今回展示されていたSA22Cはフジツボ役員のプライベートカーで、開発車両としても使われているとのこと。ノーマル然とした姿で、非常に綺麗に維持されているのが印象的でした。リヤを見れば、当然フジツボのマフラーを装着。SA22C用のマフラーは旧車系のラインアップでも比較的新しいものだそうです。

マフラーの劣化で車検をクリアできないことも

 旧車にいつまでも乗り続けたいという旧車オーナーは多いはず。そんなオーナーと旧車たちに立ちはだかる問題はさまざまですが、そのひとつが車検です。大幅なカスタマイズをしていなくても、劣化したパーツを新たに手に入れることができず、車検取得を断念しようかという話もしばしば聞きます。エキゾーストシステムもそんなパーツのひとつ。経年劣化からくる錆が原因で穴が開いてしまい、排ガス試験や音量試験をパスできないということもしばしば。

 そこでフジツボでは人気の旧車を中心に、廃盤となっていた車種ラインアップを復活。ただ復活させるだけでなく、設計を見直すとともに現代の技術も採用し、令和にふさわしいエキゾーストシステムに仕上げました。

旧車用エキゾーストアイテムの数々

設計し直すフジツボのこだわり

 新しい設計では、車高を落としても地上高を確保できるようにしたり、メンテナンス性や取り付け方法に配慮されているなど、そのこだわりはユーザーにとってありがたいものばかり。新しい形を取り入れつつも、リヤデザインは当時の流行を生かしたデザインとなっていて、「当時感」を演出するアイテムとしてもバッチリな仕上がりとなっています。

RX-7の展示スペース

 音量としては純正プラスアルファ程度となっているそうで、旧車を日常使いとしてジェントルに乗りたいというオーナーにも、選択肢として大いにアリと言えるでしょう。テールピースはもちろん、車種によってはエキゾーストマニホールドを新たに設計し直したというアイテムも、それだけにフジツボの旧車への愛が伝わってきます。今後ラインアップも増えていくとのことなので、そろそろマフラーを換えなきゃ……という旧車オーナーにとって、フジツボは要チェックです。

画像ギャラリー