「96式装輪装甲車」&「NBC偵察車」がインテックス大阪に緊急配備! 好評の陸上自衛隊ブースに来場者も大興奮【大阪オートメッセ2022】 (1/2ページ)

「96式装輪装甲車」&「NBC偵察車」がインテックス大阪に緊急配備! 好評の陸上自衛隊ブースに来場者も大興奮【大阪オートメッセ2022】

陸上自衛隊が特殊車両を大阪オートメッセに出展

 国防だけではなく、災害や震災時において先頭に立って日本国を守ってくれる自衛隊。日々厳しい訓練を重ねる隊員の献身性だけでも頭の下がる思いだが、大阪オートメッセ2022には今回も装甲車を出展。第3戦車大隊の『96式装輪装甲人員輸送車』と第3特殊武器防護隊の『NBC偵察車』の2台の装甲車を前に、来場者はみな普段お目にかかることのできない究極の“カスタムカー”に見入っていた。

人員輸送を担う装甲車「96式装輪装甲人員輸送車(96式装輪装甲車)」 

 まず第3戦車大隊(今津駐屯地/滋賀県高島市)から来阪した『96式装輪装甲人員輸送車(別名:96式装輪装甲車、クーガー)』は、おもに人員の輸送に使われる装甲車で車内には10人ほど乗車できる。 タイヤは8輪ともコンバットタイヤを装着。これはランフラットであり、パンクしてもサイドウォールの補強ゴムの力によって、ある程度の距離を走破することができる。

【関連記事】日産「R35GT-R」は馬力アップだけじゃない! 「乗りやすさ」を徹底的に追求した行列のできるチューニングとは

96式装輪装甲人員輸送車画像はこちら

 ホイールを止めている10本のナットはボディと同じ塗料でペイントされており、これらは隊員自ら塗装&整備を行っているという。迷彩色のまだらな塗り分けも、(敵陣に見つからないような色味であることは言うまでもないが)ある程度自由にペイントしているという。 96式装輪装甲人員輸送車リヤスタイル画像はこちら

 また、サイドに入れた赤獅子のマークは部隊ごとに決めているシンボルマークで、第3戦車大隊は『ライオン』を取り入れている(採用していない隊もある)。アラフィフ世代の筆者にとって、これを見てパッと思い浮かべたのがエリア88の主人公シンが搭乗するタイガーシャーク(ユニコーン)や、グエンが搭乗するF-105(人食い虎)だろう。第3戦車大隊の赤獅子マーク画像はこちら

96式装輪装甲車の装備など細部をチェック

 走行時は潜望鏡を覗いて運転できる装甲車は、上部に3つあるハッチから顔を出して後方を確認するという。 上部にある筒は発煙弾で、煙幕を発射して敵の照準を妨害させるそう。職業柄、カスタムカーなどの車高短やアゲ車両での下まわりの処理が気になる性分もあり、車体下を覗いてみるとさすが!! 分厚そうな鉄板で覆われ、多少の難所でも走り抜けられそうだ。 下の写真中央の文字が記載されている器具は油圧ジャッキで、車体を持ち上げる際に必要なバーは車内にあるという。大阪オートメッセ2022の自衛隊ブース画像はこちら

 その右側は牽引フックとなり、工具や牽引用のワイヤーなどはジャッキのバーと同様に車内に備えている。 また、テールランプの上にあるふたつのカバーをめくると電源が備わる。バッテリー上がりの車両に対して電気を供給するために使用するそうだ。