くじけないコツは「手抜き」にアリ! ラクして楽しむキャンプの時短ワザ5つ (1/2ページ)

くじけないコツは「手抜き」にアリ! ラクして楽しむキャンプの時短ワザ5つ

不慣れなキャンプを楽しく過ごすにはいかに時短できるかがすべて!

 キャンプを始めたばかりのころは、テントや寝床の設営、ランタンやバーナーの準備、料理の下ごしらえ、焚き火の火起こしなど、てんてこ舞いの忙しさに「キャンプって過酷だぁ……」と思った人も多いのではないでしょうか。

【関連記事】キャンピングカーをDIYで自作できる!? 「バンライフ」のためのシェアガレージ「Mobi Lab.」とは

テントの設営画像はこちら

 便利な都市生活から離れ、不便を楽しむのがキャンプの醍醐味でもあり、この忙しさや不便さを楽しめる精神力が大切です。今回はキャンプビギナーに向け、少しでも余裕を持てるように「時短」のアドバイスをお届けいたいと思います。

時短ワザ01:テントはワンタッチ式がオススメ

 初めてのキャンプで時間がかかるのは当たり前。素早く動くには経験が必要になるからです。達人とか玄人と呼ばれる人たちも誰もがビギナーを経験しており、最初から手際よく作業ができたワケではありません。焦ることなく少しずつ経験を積んで行きましょう。そのなかで一番苦労するのがテントの設営です。面倒だと思わずに楽しみながら何度も設営と撤収を繰り返していくうちに、「なんでテント設営に苦労していたんだろう?」と思うほど、素早く作業ができるようになるはずです。

【関連記事】キャンピングカーをDIYで自作できる!? 「バンライフ」のためのシェアガレージ「Mobi Lab.」とは

ワンタッチ式テント画像はこちら

 それでも「面倒だな」と思う人は、傘のようにワンタッチで組み立てられるものや支柱がインフレータブル式(空気を入れて膨らませるタイプ)のモノが市販されているので利用するのもオススメです。

時短ワザ02:LEDランタンやカセットボンベを駆使する

 次に手間がかかるのが、ホワイトガソリンを使用するランタンやバーナーです。燃料となるガソリンを入れてポンピングをしなければならず、初心者にとって少しばかりの恐怖心もともないます。とくにガソリンランタンの場合には、マントルの取り付けや交換に手間取ることでしょう。そんな苦労をしたくないという人には、乾電池や充電式のLEDランタンを使いましょう。テント内やテーブルのランタンは実用的なLEDを使い、メインのガソリンランタンは時間をかけて点灯させるのも楽しい作業になるはずです。LEDランタン画像はこちら

 また、ホワイトガソリンを使うバーナーの燃料補給や燃料の回収、ポンピングが面倒であればCB缶やOD缶を燃料に使用するガスタイプを選べば大きな時短になります。メインの料理を焚火台で行うのであればサブ的存在として家庭用のカセットコンロを使うのも賢い方法です。シングルバーナーとOB缶画像はこちら